JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 専門スキルを活かすタクシー乗務員『エキスパートドライバー』って?

専門スキルを活かすタクシー乗務員『エキスパートドライバー』って?

JOBSHIL編集部
専門的なスキルを持つドライバーのお仕事紹介

一番良く見かけるタクシーといえば、街なかで気軽に乗れたり、駅前に並んでいるものではないでしょうか?

しかし実は最近、そういったスタンダードなタクシーとは別に、特別な知識や資格を持ったタクシードライバーが増えているのです。

たとえば、タクシー大手の日本交通グループではこれらの仕事をエキスパートドライバーとよび、独自の試験に合格したスタッフが対応しています。

種類としては、介護・観光・子ども用などがありますが、観光ならまだしも介護や子ども用を自分で利用することはほぼ無いため、実際にはどこまでが業務に含まれるのか、どんな知識が必要なのかなどわからないことも多いはず。

そこで今回は、エキスパートドライバーがどんな仕事なのかを詳しくご紹介します。

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

目次

一般的なタクシードライバーとの違い

まずは、エキスパートドライバーと一般的なタクシードライバーの違いについて簡単にご説明します。

一般的なタクシードライバーは、勤務時間になると街なかや駅などでお客さんを見つけて、目的地まで送り届け、その距離がお金に換算されます。

二種免許は必要ですが、ほとんどの企業では入社後に会社負担で取得可能なので、車の免許さえ持っていればチャレンジしやすい職種です。

一方、エキスパートドライバーは距離ではなく、時間制の料金設定となっています。

事前に予約した方を乗せるので、顔なじみのお客様ができることも。

一般的なドライバーに比べると、お客様の身元もわかっているので、安心感もあります。

もちろんその分、専門的な資格を取得したり、研修を受けて知識を身につけたりしたドライバーしか乗務することはできません。

ここからは、どういった知識や資格があるといいのか、どんな業務内容なのかをジャンルごとに解説していきましょう。

サポートタクシー(介護)

サポートタクシー

最初にご紹介するのは、サポートタクシー。

体の不自由な方や、ご高齢の方などをサポートしながら目的地まで送り届けるドライバーです。

具体的な業務内容は、お客様を乗せての運転、そして車に乗る前後や外出先でのお客様サポートがメインとなります。

具体的には?
  1. 買い物の付添
  2. 冠婚葬祭・お墓参りの付添
  3. 空港への送迎(出発ロビーまでご案内)

乗り降りの際の支えとなり、ときには車椅子をおしたり、処方箋を受け取ったり。

お客様が1人では行けないところ、1人ではできないことを叶えるのがサポートタクシーのお仕事なのです。

役立つスキルや資格

車の乗り降りが1人でできない方なども乗車するので、介護についての知識や経験が役立ちます。

介護施設でのボランティアや就業体験も活用することができるでしょう。

役立つ資格・試験
  • 介護職員初任者研修
  • 難病患者等ホームヘルパー
  • 普通救命技能認定(AED)など

介護や医療系の緊急時に活かせる資格や免許を持っていると、お客様も安心して利用できるのではないでしょうか。

観光タクシー

観光タクシー

観光タクシードライバーは、お客様を乗せて様々な観光地をめぐるお仕事です。

お客様のご希望に合わせて、ご利用いただく1日を多方面からサポートします。

具体的には?
  1. 希望に沿ったオリジナル観光ルートの提案
  2. 現地での観光ガイド
  3. 現地での写真撮影

乗車前からその仕事は始まっており、事前にルート提案などの仕事もあるのが、観光タクシーの特徴です。

役立つスキルや資格

提案から行うため、観光地や流行り物・新しい物などの知識があると、よりお客様の希望に合わせたコースが提案しやすいでしょう。

また、利用機会の多い言語(英語や中国語など)のスキルがあると、海外のお客さまに対応することも可能です。

役立つ資格・試験
  • 各種外国語検定
  • 観光系の検定・資格(東京シティガイド検定・東京観光タクシードライバー認定など)

観光地の案内をする中で、「写真を撮ってください」とお願いされることもあるようなので、幸せそうな写真を撮るのが好きという方にもオススメのお仕事です。

キッズタクシー

キッズタクシー

キッズタクシードライバーは子どもを、目的地まで送迎するのが主なお仕事です。

子どもに恐怖や不安を感じさせないよう丁寧に運転しつつ、学校のこと・塾のことなどお子さんとも会話も楽しむことができます。

具体的には?
  1. 新生児の退院送迎
  2. 学校や幼稚園・習い事・塾などの送迎
  3. 里帰り
  4. 空港への送迎(出発ロビーまでご案内)

子どもとドライバーが二人きりになることもあるため、女性ドライバーを指名する親御さんもいらっしゃいます。

役立つスキルや資格

学童保育や幼稚園、学校やスポーツクラブで子どもと接した経験はもちろん、子どもが好きという方にオススメのお仕事です。

そして、以下のような資格があると、キッズドライバーとしての信用度もアップするでしょう。

役立つ資格・試験
  • 小児救急講習(MFA)
  • 保育士や学童指導員など

大人に比べて子どもは自分の気持ちや体調をうまく伝えられなかったり、急に具合が悪くなったりということも多いので、緊急時にも対応できるスキルを身に着けておくことが大切です。

エキスパートドライバーを目指すには?

専門的なスキルが要求されるエキスパートドライバーになるには、講習を受けたりと、いくつかのステップを踏む必要があります。

日本交通グループに所属する企業では、以下のようなステップを踏んでエキスパートドライバーとしてデビューすることが可能です。

エキスパートドライバーへの道
  1. 初期研修
  2. 通常のタクシー乗務
  3. 会社規定をクリアし、ハイグレードな「黒タク」へ
  4. キッズ・ケア・観光のいずれかへ立候補
  5. 各チーム内で配車受付や接客対応を担当
  6. 必要な講習を受講し、エキスパートドライバーとしてデビュー

タクシー会社の多くは2種免許の取得支援や費用負担を行っていますが、中には英会話講習を開いているグループ企業もあるので、目指す場合はそういったサポート面もチェックしておくといいでしょう。

まとめ

エキスパートドライバーは求められるサービス内容が大きく異なるため、免許があれば誰でもできるというわけではありません。

しかし、だからこそ確かなスキルの証明にもなるので、経歴としても、自分の自信としてもプラスになるはずです。

もし少しでも興味があるのなら、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

日本交通グループの
タクシー求人一覧はコチラ!

タクシードライバーの求人をチェック

もちろん、日本交通グループ以外にも専門的なスキルを持ったドライバー育成に力を入れている企業もあるので、自分の働き方に合った会社を探すことが大切です。

未経験歓迎・二種免許費用会社負担の
タクシー求人一覧はコチラ!

タクシードライバーの求人をチェック
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU