JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 二種免許の取得費用は?会社負担で取得したときの不安も解決!

二種免許の取得費用は?会社負担で取得したときの不安も解決!

JOBSHIL編集部
二種免許の取得費用

タクシーやバスなどで人を乗せて運転するためには、二種免許が必要ですが、ドライバー経験者でもない限り二種免許を持っている人はほとんどいないので、タクシー会社などではその取得費用を負担してくえる場合がほとんどです。

会社負担で免許が取れるのはとても嬉しいことですが、実際どのくらいの金額を会社が負担してくれているのかは気になるところ。

また、「もし辞めたら返金請求などがあるのか」も不安ですよね。

そこで今回は、二種免許の取得費用に関する疑問にお応えします。

目次

二種免許の取得費用

まずは、二種免許の取得にかかる費用について見ていきましょう。

二種免許の取得には大きく分けて2つの方法があります。

①教習所に通う

1つ目は、一種免許と同じように教習所に通い、決められた授業を受けて免許を取得する方法です。

教習所にい通い卒業することで、技能試験が免除されます。

金額は免許の種類や、通学か合宿かによって異なりますが、タクシーの運転に必要なオートマの普通車の場合、20万円程度の場合が多いようです。

(例:トヨタドライビングスクール東京の場合、税込み227,000円)

②直接テストを受ける

二種免許は、教習所に通わずにテストを受けることも可能です。

運転試験場に行き、適性検査と学科・技能の試験を受ける方法であり、その特性から一発試験と呼ばれています。

費用は、手数料や講習料の他に、免許発行費用などがプラスされ40,000円程度です。

自動車教習所に比べるとかなりお安いので、自分でお金を出すならコチラを選択したくなりますが、独学での合格率は低く何度も受けることになる場合も。

余計にお金がかかってしまうので、注意が必要です。

二種免許の取得費用を全額負担してくれる以下のような企業も多いので、ぜひチェックしてみてください。

ハイグレードタクシー乗務員!流し営業ではなく、駅待ち・迎車がメイン【日本交通立川株式会社】

9割以上が未経験スタート / 二種免許取得も全額会社負担 / 研修中も給与1日1万1000円を支給

会社負担で取得。退職時に請求されない?

安くはない二種免許の取得費用ですが、タクシーやバスを運行する会社ではその費用を負担してくれることも多いため、お金の心配はほとんどありません。

ただ心配なのは、ドライバー業が合わずに短期間で辞めた場合。
あまりに短期間だと違約金を請求されるのではと、不安に思う方もいるかもしれませんが、実は実損の有無や程度を問わない支払いをあらかじめ決めることをは、労働基準法16条で禁止されています。

つまり、「半年以内に辞めたら違約金」などの決まりはあったとしても法的に無効なのです。

ここで気をつけたいのが、免許取得必要が「貸与」となっている場合。

「教習費用は会社が出しますが、それは貸与であり返済義務があります。ただし、1年以上勤務した場合、返済は免除されます」という契約が結ばれる場合もあり、これは法的にも認められています。

雇用契約の前に、会社負担で取得する際の金銭面の契約について確認しておきましょう。

まとめ

先ほどのような契約の場合もありうるので確認は必要ですが、手に職をつけることができる二種免許を会社のお金で取得できるのはとてもお得ですよね。

未経験からタクシードライバーへの転職を考えている場合は、ぜひ免許取得支援のある企業を以下から検索してみてください。

未経験歓迎・二種免許費用会社負担の
タクシー求人一覧はコチラ!

タクシードライバーの求人をチェック
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU