JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 面接対策
  2. 面接初心者必見!面接練習でそのまま使える質問例一覧【経歴別】

面接初心者必見!面接練習でそのまま使える質問例一覧【経歴別】

JOBSHIL編集部
質問の答えにがっかりしている面接官
この記事のポイント
  • 自分の立場にあった質問で面接練習をしよう
  • 質問に答える時は「具体性・他責NG・ポジティブ」を意識する
  • マイ質問集を作り、面接練習に活用しよう

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

転職面接は、新卒に比べて面接官の目も厳しくなりますから、対策なしに挑んでしまうと、思わぬところでつまづいてしまうことも!
本番で失敗をしないためにも、面接練習をしっかりこなしてから、面接に行くことをオススメします。

しかし、自分で練習しようにも「どんな質問が聞かれるのかわからない」という方や、 「的はずれな練習をしてしまったらどうしよう…」と不安に思う方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、面接練習で使える質問を、立場や経験別にまとめました!
「未経験、経験者、第二新卒、アルバイトしかしたことがない」といった方々が、そのまま面接練習で使える質問例を紹介していますので、ぜひ面接練習に活用してみてください!

実際に模擬面接をやってみたい!という場合は、転職ナビの専任キャリアアドバイザーである私たち転職ナコウドにご相談ください。

転職サイトの転職ナビでは
専任アドバイザーが無料で転職活動をサポート

会員登録はこちら

面接官の意図を想像してみよう

面接練習は大切ですが、的はずれな質問内容で練習をしてしまっては、効果が半減してしまいます。
企業によって聞かれることは様々なので、本番ピッタリの質問で練習することはできませんが、自分の立場や経験から、 面接官が何を聞きたいのかを想像することはできます。

たとえば、あなたが面接官だとして、業界・職種未経験の方が面接に来たら、どんなことを聞きたいと思いますか? 「なんで慣れている仕事をしないで、未経験の仕事をするのかな」 このような疑問が出てくるのではないでしょうか?
面接練習では、 自分の経歴で他人が見たら一番疑問に思う部分を軸に、質問される項目を想像してみましょう

質問への答え方ポイント

回答を考えるときに共通して意識したいのは、以下の3ポイントです。

 
解答する際のポイント
  • 具体性をもたせる
  • 他責にしない
  • ネガティブはポジティブに変換する

これまでの実績などは、数字を入れることでより具体性が増します
また、退職理由などを会社のせいにしたり、短所でネガティブなことを伝えてしまうのも印象がよくありませんので注意が必要です。

どうしてもネガティブなことを言わなければいけないときは、前後にポジティブな話題を持ってくるといいですね!

練習用質問集【基本】

 
基本練習用の質問集
  1. 自己紹介をしてください。
  2. 志望動機を教えて下さい。
  3. 転職理由(退職理由)を教えてください。
  4. あなたの短所と長所を教えてください。
  5. 何か質問はありますか?

基本編は、面接前に必ず練習してほしい質問を集めました。 どんな業種・職種でも、1回目の練習は、この質問集で練習してみましょう。
また、すべての場合で共通してでてくる「自己紹介・志望動機・退職理由・逆質問」については、以下の各記事に詳しくまとめていますので、 練習前に1度目を通しておきましょう!

自己紹介→面接を好印象スタート!自己紹介を成功させる4つのポイント

志望動機→面接対策はこれで決まり!よく出る質問と回答例【解説付き】

退職理由→面接で印象アップ!ネガティブな退職理由の上手な伝え方

逆質問→その逆質問、危ないかも!面接で好感度を下げない7ポイント

練習用質問集【正社員経験無し】

 
正社員経験がない方用の質問集
  1. 自己紹介をしてください。
  2. 志望動機を教えて下さい。
  3. 今まで正社員ではなく、アルバイトとして働いていた理由を教えてください。
  4. 今回、正社員を目指そうと思った理由を教えてください。
  5. 今までの経験の中で、弊社で活かせそうなスキルなどはありますか?
  6. 何か質問はありますか?

正社員経験がなく、ずっとアルバイトをしていた方が面接を受ける場合、面接官が気になるのは「どうして今、正社員になろうとおもったのか?」 「正社員として働いていく決意があるのか?」といった点でしょう。

その為、「志望動機」や「正社員になりたい理由」、「なぜアルバイトをずっと続けていたのか」といったことを問われる可能性があります。 これらの質問については、ネガティブな理由になってしまわないよう注意が必要です。

アルバイトと正社員では責任の重みが違います。責任感という部分を意識して、面接に望みましょう。

練習用質問集【第二新卒】

 
第二新卒用の質問集
  1. 自己紹介をしてください。
  2. 志望動機を教えて下さい。
  3. 転職理由(退職理由)を教えてください。
  4. これまで(学生時代)に何かをやり遂げた経験を教えてください。
  5. あなたの長所と短所を教えてください。
  6. あなたの夢はなんですか?
  7. 何か質問はありますか?

第二新卒の場合、「新卒で入った企業を短期間でやめた理由」がやっぱり気になりますから、退職理由は必ず練習をしておきましょう。
また、他の転職面接と違い、新卒のときに聞かれたような質問が投げかけられることもあります。 面接練習を行なうときは、転職用の質問だけでなく、 新卒用の質問を織り交ぜてみてもいいですね

一般的な転職面接では、スキルや経験を問う質問がされますが、第二新卒の場合は、 やる気といった気持ちの面を問われることもあります。 気持ちや考え方について聞かれた場合はポジティブさを意識して回答するようにしましょう。

練習用質問集【経験者】

 
経験者用の質問集
  1. 自己紹介をしてください。
  2. 志望動機を教えて下さい。
  3. 転職理由(退職理由)を教えてください。
  4. 今までの仕事での失敗談を教えてください。
  5. 前職で叶わなかったことで、この会社で叶えたいことがあれば教えてください。
  6. 何か質問はありますか?

同業種への転職や、以前に経験した職種への転職の場合、「どうして前の会社ではなく、この会社を選んだのか」 という部分を気にする企業も多いですよね。
そのため、志望動機退職理由が特に重要になってきます。 大概の人は何か不満があるからこそ辞めるものですから、その不満が志望企業で解決されなければ、転職する意味がありません。

企業研究をして、退職理由や転職理由は志望企業で解決できる問題なのかを、しっかり見極めておくことが大切です。

経験者の場合は、より高いスキルが求められるため、失敗談などの答えにくい質問が用意されることがあります。 答えにくい質問にも練習しておくと、当日も慌てず答えることができそうですね。

練習用質問集【未経験者】

 
未経験者用の質問集
  1. 自己紹介をしてください。
  2. 志望動機を教えて下さい。
  3. この職種に興味を持ったきっかけ
  4. この仕事をする上で大切なことは何だと思いますか?
  5. 前職までの経験でこの仕事に活かせるスキルや経験はありますか?
  6. 何か質問はありますか?

未経験歓迎としている企業では、「どうしてこの仕事をしたいのか?」や「仕事への興味・理解度」が注目点となりやすい傾向があります。
志望動機だけでなく、志望企業・志望職種についてどの程度興味を持っているか、理解しているかを問う質問を練習しておきましょう。

未経験の場合、未来のビジョンについて質問されることがあります。 「この会社に入ったらどんなことをしたいか」なども考えておくといいですね。

頻出質問から、マイ問題集を作ろう

この記事で紹介した質問以外にも、面接で聞かれやすい質問は数多くあります。 以下の記事では、面接で聞かれやすい質問・答えにつまりやすい質問を50問ピックアップしています

面接対策はこれで完璧!面接でよく聞かれる質問50選!

あなたの経験などを考えながら、あなただけの面接練習用の質問集を作り、その中から面接官役の人に質問をランダムで選んでもらうなどして、練習してみましょう。

まとめ

あなたにピッタリの面接練習用質問は見つかったでしょうか?

今回の質問集が活かせそうな方は、面接官役の方にこの質問例を渡して、ぜひ面接練習をしてみましょう。
「あの時練習しておけば…」と後悔のないように、納得のいくまで練習し、本番に備えましょう!

模擬面接以外にも、転職活動で悩み事がある場合は、プロのキャリアアドバイザーである私たち転職ナコウドにご相談ください。
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU