JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 面接対策
  2. 志望動機が思いつかない…転職初心者のための面接用志望動機の作り方

志望動機が思いつかない…転職初心者のための面接用志望動機の作り方

JOBSHIL編集部
面接日前日に志望動機を考えていなくて慌てる男性
この記事のポイント
  • 志望動機とは、企業が「あなた」との相性を知るための手段
  • 企業研究と自己分析で志望動機を作ろう
  • スキルや経験が無くても、前向きな姿勢で受け答えしよう

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

面接日程が決まったけれど、志望動機に何を言ったらいいのか悩んでいる。
そんな時ってありませんか?

「第一志望じゃないから志望動機と言われても…思い浮かばないな」
「言葉で気持ちを表現するのは苦手だな…。」

その不安はもしかしたら、
どうして転職をしたいと思ったのか考えてみること、 事前準備をすることで解消するかもしれません。

この記事では、志望動機作成のヒントをご紹介し、「こんな時どうしたらいいの?」という疑問を解決していきます。

面接で志望動機を聞かれる理由

そもそも、面接官はどうして面接で志望理由を聞くのでしょうか。
以下のように面接官が質問する理由を考えると、適切な回答を思いつきやすくなりますよ。

志望動機から知りたいこと
  • 志望度が知りたい
  • あなたのやりたいことと会社の方針が一致するか知りたい
  • あなたがどんな人で、どんな考えを持っているのか知りたい
では、それぞれ詳しく見ていきましょう!
  

志望度が知りたい

会社について事前にどれだけ調べて、理解し、同業他社ではなくどうしてこの会社なのかを説明できているか。
話す内容を聞いて、熱意や意欲はどのくらいあるかをみています。

あなたのやりたいことと会社の方針が一致するかを知りたい

入社してから、方向性がズレていることがわかったら、お互い困ってしまいますよね。
志望動機を通して、あなたが将来やりたいことと、会社の方針の方向性が合っているか確認しています。

あなたがどんな人で、どんな考えを持っているのかを知りたい

自分自身の考えをまとめて、伝えられる能力があるか。
入社後はどんな活躍をしたいと考えているのかを、聞きたいと思っています。
「あなたがこの会社でいきいき働く未来」を想像できるような回答をできると、面接官からの印象も良くなるはずです。

志望動機を作ってみよう

志望動機をまとめやすくする方法は2つあります。

一つは、会社見学や会社説明会に足を運ぶ方法です。
会社の雰囲気をつかめたり、働いている人たちに会えたりするので、機会があれば積極的に足を運んでみましょう。

二つ目は、WEB検索や雑誌・書籍から情報を集める方法です。
企業のホームページや求人ページ、企業のSNSなどから調べていきます。

では、具体的にはどのようにしたらいいのでしょうか?

①調査編

転職活動では、会社見学や会社説明会が開催される機会はそれほど多くないため、今回はWEB検索で情報収集をする方法をメインにご紹介します。

企業ホームページを参考にする

企業理念や、会社の方向性、社長の考え、事業内容、サービスのコンセプトなど、志望動機に活用できるヒントがたくさん詰まっています。

企業ホームページがない場合

検索してもWEBページが見つからない、内容が昔から更新されていないということもあると思います。
そんな時は、会社が扱っている「商品」「製品」「サービス」についてGoogleなどで検索してみましょう。
周辺情報から気になる情報を集めていくといいですよ。

ただし、公式以外の情報は間違いが混じっている可能性があるので、面接で話す場合は複数の情報源から事実確認を行うことが大切です。

求人原稿を参考にする

求人原稿は、「こんな人にきてもらいたい」という気持ちをこめて作られています。
応募原稿を読み込んで、自分と企業がマッチしている部分や、企業が求めている能力・経験を探し、参考にしましょう。

企業研究のやり方については、以下の記事に詳しくまとめてあります。
時間があれば、業界研究もやっておくと、面接でより説得力のある回答ができますよ。

②自己分析編

企業についての情報収集が終わったら、次はあなた自身について考えていきます。

「この会社に入社したあと、活かしていける自分の強みってなんだろう」

過去現在で得てきた経験を踏まえながら、 将来やりたいことを具体的に思い描いて、 応募企業にマッチした内容で作成することが大切です。

ただ、若い方の場合、以下のように自分の経歴に不安を感じてしまうことってありますよね。

自分に自信のない20代求職者の心理
  • なんとなく就職し、大したスキルも経験も身につかないまま20代も半ばを過ぎてしまった。
  • これといった実績もないから、話すことがなくて頭を抱えている。

このように考えてしまう方もいるかもしれませんが、20代の場合、これまでの経験やスキルに自信がないからといって、それほど落ち込む必要はありません。

スキルや経験がなくても応募可能な《未経験者歓迎求人》は、探せば意外とたくさんあります。
自信がない、面接で言うべきことが思いつかない場合でも、未経験者歓迎の求人であれば、工夫次第で意欲をアピールすることができるのです。

下記に、《未経験者歓迎求人》に限った場合の、志望動機のアイデアを2つあげてみます。

①研修制度やOJTがあるため

入社後に研修でスキルを身につけていく覚悟があること、スキルアップしていきたい気持ちがあることを伝えましょう。

スキルアップして後々はこんな活躍がしたいと話せるとベストです。

②先輩のキャリアアップ例をみて、自分にも◯◯になれる未来が描けると思った

将来を前向きに捉え、その会社で活躍していきたい気持ちを伝えましょう。
例えばすでに面接や会社見学・紹介などで社内の人と会っている場合、「個人名」を出して説明するとなお良いですね。

《未経験者歓迎求人》の志望動機例

御社の高橋(仮名)さんとお会いして、入社後のイメージがわきました。常にチーム一人ひとりのタスクや業務量を把握して、必要に応じてフォローされているところなどを見習いながら、私も将来店長としてマネージメントができるようになるようスキルアップしていきたいと思いました。

「◯◯してもらえるから」という受け身ではなく、
「◯◯していきたい」という、積極的かつ謙虚な姿勢で話せば、実績がなくても面接官はそれほど悪い印象は受けないはずです。

是非、前向きな内容を考えてみてくださいね。

③作成編

情報の準備ができたら、いよいよ作成です!
まずは、面接官に伝えたいことに優先順位をつけてみましょう。
この時、紙やスマートフォンのメモなどに書き出してみると、わかりやすいですよ。

優先順位をつけたら、以下のポイントを意識しながらまとめていきましょう。

志望動機に入れ込みたいポイント
  • 自分のどこが企業に貢献できるか
  • なぜその企業じゃないとダメなのか
  • 入社後にどんな活躍をしたいのか

「必ず全ての要素を入れるべき!」というわけではありませんが、入れられるものはなるべく入れられると印象アップに繋がります。

事例編

では、最後に実際の例文をチェックしてみましょう。

志望動機の例文

私が御社を志望する理由は、2つあります。
1つ目は、常識にとらわれない商品展開に魅力を感じたこと。 そして2つ目は、個人営業でつちかった経験を活かせると考えたからです。

御社の〇〇を1年ほど前から使い始めましたが、 競合商品に比べて〇〇な部分が非常に優れていると感じ、大変驚きました。
ホームページを見たところ、企業理念にも「革新」の文字があり、その姿勢に大変共感をもちました。

前職の営業の仕事で身につけた、営業スキルやビジネスマナーを活かし、この商品をより多くの人に広めたいと思い、御社を志望いたしました。

まず注目したいのが、最初に2つの理由を簡潔に説明していることです。
こうすれば、面接官も話を聞きやすくなります。
そして、実際の商品を例に出し、この会社でないとダメな理由もしっかり話せているのもいいポイントですね。

詳しい内容はリンク先の記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

志望動機が完成したら面接練習をしよう

志望動機がまとまったら、面接の前に最終チェックをします。
最初から最後まで本番と同じように話す様子を、携帯電話やスマートフォンの機能を使って録音・録画してみましょう。

  • 敬語に間違いはないか?
  • 言い足りないところはないか?
  • 長々と話しすぎていないか?
  • 「えー」や「あー」が多すぎて相手が話を聞きにくくなっていないか?

自分が面接官になった気持ちで聞いてみてください。
客観的に聞いてみることで、変な癖や間違いに気づきやすくなります。
納得がいくまで改善できたら、安心して本番にのぞめますよね。

面接練習には他にもいくつかの方法があります。
以下の記事をみながら、あなたがやりやすい方法で練習してみましょう。

「だれかに面接練習を手伝ってほしい!」と思ったら、私たち転職ナコウドにご相談ください。
面接練習はもちろん、履歴書の添削なども行っています。

志望動機に関するQ&A

基本の考え方はわかりましたが、「こんな時どうしたらいいの?」と思うこともありますよね。

今回は、よくある疑問を厳選して解説していきます。

新卒と転職の志望動機の違い

新卒のときの志望動機と、転職のときの志望動機の違いってなんですか?
新卒は就業経験がないので、学生時代の部活やアルバイトの経験を話しますよね。転職の場合には、これまでの仕事についてや、そこで得た経験を話すことが多いです。

社員経験無し。アルバイトの経験は話していい?

社員として働いた経験がありません。アルバイト時代のエピソードを話しても良いですか?
問題ありません。大切なのは、あなたが今までどんな経験をしてきたかということ。経験はアピールになるので、自信を持って話してみてください。

ありきたりな志望動機はダメ?

ありきたりな志望動機しか思いつきません。
ありきたりな内容で大丈夫です!内容に、ご自身のスキルアップ、キャリアアップにスポットをあてて、「なんでその企業じゃないといけないのか」を盛り込むと、より良い志望動機になりますよ。

履歴書の志望動機と変えるべき?

面接の志望動機と履歴書の志望動機は同じことを答えていいですか?
同じ内容で構いません。履歴書は枠が小さいので、伝えたいことを要約して記載し、面接では、具体性をもたせて、お話するといいですよ。

志望動機を聞かれなかったら?

面接で志望動機を聞かれなかった時は、自分から切り出したほうがいいですか?
基本的には、面接は聞かれたことだけを答えれば問題ありません。しかし、どうしても熱意をアピールしたい場合には、面接官の人柄や、その場の雰囲気をみながら、一言二言したり、退職理由などの似たような質問の回答に入れてみるのもオススメです。

嘘を付くのはダメ?

志望動機、嘘をついたらばれますか?
もしかしたらばれないかもしれません。しかし、入社後にお互い良くないギャップが生じる可能性があるので、嘘をつくのはやめましょう。

NGパターンの志望動機

最後に志望動機でやりがちなNGパターンも確認しておきましょう。

  

①根拠や理由がないもの

やりたいこと・したいことだけを述べて、理由がないものはNGです。
「御社では◯◯ができるからです。なぜなら~」というふうに、”理由”や”経緯”をふまえて伝えるのがオススメです。

  

②給与や通勤時間に関すること

志望動機を語るとき、実益に関することを言うのはオススメできません。
どうしても伝えたい場合は、伝える順序を工夫しましょう
たとえば、他に動機を述べたうえで最後に、「福利厚生が整っているため、長く働き続けられそうだと感じました」と付け加える程度なら、違和感は少ないでしょう。

まとめ

誰もが知りたい「受かる志望動機」。
「これを言えば絶対に受かる」という魔法の言葉はありませんが、事前準備をしっかりすることで完璧に近づけることはできます。

備えあれば憂いなし。しっかり準備をして、安心して当日を迎えてくださいね!

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU