転職ナビ

【 無料 】 業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト

まずは会員登録

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. ビジネスマナー
  2. 内定辞退でお詫びの手紙を送るべき場合と手紙の書き方・送り方

内定辞退でお詫びの手紙を送るべき場合と手紙の書き方・送り方

JOBSHIL編集部
面接練習用の質問対策集で面接練習をする男性
この記事のポイント
  • 必ず聞かれる質問を理解しよう!
  • 50個の質問例に目を通そう
  • 聞かれそうな質問の答えを用意しよう

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

面接前には面接練習をしたり、面接場面を想像したりするとき、「面接ではどんなことが聞かれるんだろう…」と考えますよね。
中途面接の質問内容は、新卒時の質問とは大きく違いますから、中途面接用の質問をチェックしておく必要があります。

今回は、面接で聞かれやすい質問と答えにつまりやすい質問を中心に、50問を厳選しました
絶対に練習しておくべき質問から、事前準備が必要な質問、女性が聞かれやすい質問など、項目に分けて紹介していますので、面接練習にぜひ活用してみてください。

面接官が見ているポイント

転職の場合、社会人経験があることを前提で面接が行われますから、新卒とは見られている部分も変わります。
新卒の時は、これから期待される部分ややる気といった、将来的な部分を見られていることが多いですよね。

しかし転職となると、将来的な部分にプラスして「これまでどんなスキルや経験を培ってきたのか」といった過去の部分 に目が向けられるようになります。
もちろん、やる気や将来のビジョン、コミュニケーション能力といった、新卒面接で見られている部分も重要な要素です。 中途面接では、求められる部分が増えるからこそ、対策もしっかり行いましょう。

必ず答えを用意すべき質問

 
よく聞かれる質問

1.自己紹介をしてください。

2.この会社の志望動機を教えてください。

3.転職理由(退職理由)を教えてください。

4.これまでの仕事内容(職歴)について、教えてください。

5.長所と短所を教えてください。

6.弊社以外に選考中の企業はありますか?

7.最後になにか質問はありますか?

これらの質問は、中途面接での定番質問です。 ここは最低限おさえておきたいですね。 各質問の解答については、以下の記事に詳しくまとめてありますので、確認してみましょう。

自己紹介・志望動機・職歴・退職理由

面接対策はこれで決まり!よく出る質問と回答例【解説付き】

逆質問

その逆質問、危ないかも!面接で好感度を下げない7ポイント

答えにくい質問

 
答えづらい質問

8.弊社は第一志望ですか?

9.現在の年収と、希望の年収を終えてください。

10.これまで、困難に直面したことはありますか?

11.仕事での失敗経験を教えて下さい。

12.苦手なことを教えてください。

13.仕事をする上で苦手なことを教えてください。

14.ブランク期間がありますが、どのようにして過ごしていましたか?

15.前職(または現職)に比べて給与が低くなりますが、大丈夫ですか?

16.弊社の知名度は決して高くはありませんが、どうして志望したのですか?

中途面接では「これは答えにくい...」という質問が投げかけられることもあります。
これらの質問に共通しているのは、そのまま話すとネガティブに答えてしまう可能性が高いということです。

例えば、失敗エピソードや自分が苦手とする部分について話す時は、 最後に「こうして乗り切りました!」というポジティブな話題がないと、 ネガティブな事実のみが伝わってしまいます。
答えにくい質問は、他と比べて、さらに前向きな姿勢での回答が必要です。

あなたについての質問

 
自分への質問

17.仕事をする上で大切にしていることはなんですか?

18.あなたの特技を教えてください。

19.あなたの強みを教えてください。

20.これまで読んだ本の中で、感銘を受けた本はありますか?

21.最近読んだ本を教えてください。

22.今現在、あなたが自身の課題と感じていることはなんですか?

23.健康状態は良好ですか?

24.あなたの夢を教えてください。

25.5年後、10年後のあなたは、どうなっていると思いますか?

あなたの考え方についての質問も、面接の定番ですよね。 この項目は、新卒でも聞かれやすいですが、中途面接では、仕事に対する考え方 という部分も問われるようになります。
本の話や特技など、一見仕事とは関係ないように思える質問も多いですが、こういった部分で話が盛り上がることも多いですよね。

また、面接ではいくら実績があっても、「一緒に働きたくない」と思われてしまったら、意味がありません。 こういった個人の思考についての質問も、気を抜かず対策をしておきましょう。

準備しておくといい質問

 
準備するべき質問

26.この業界の志望動機を教えてください。

27.この職種の志望動機を教えてください。

28.弊社で活かせると思う前職での経験を教えてください。

29.これまでの仕事実績を教えてください。

30.弊社以外の選考状況を教えてください。

31.〇〇職において大切なことは何だと思いますか?

32.弊社の企業理念に共感できますか?

33.弊社について知っていることを教えてください。

準備しておくといい質問は、事前準備が肝心な質問です。 32や33のように、企業研究をしていないと答えることすらできない質問や、 31のように、その職業について深く理解していないと、的はずれな答えをしてしまう可能性がある質問が問われることもあります。

また、自分のことでもとっさに話しにくい内容の場合や、企業との共通点を知っておく必要がある質問もありますので、注意が必要です。

本質を見極めるべき質問

 
準備するべき質問

34.弊社は第何志望ですか?

35.休日の過ごし方を教えてください。

36.ストレス耐性は強い方ですか?

37.本日はどのような経路で来ましたか?場所はわかりにくくなかったですか?

38.最近気になったニュースはなんですか?

39.お給料やボーナスは何に使いたいですか?

40.現在の会社をすぐに退職する事はできますか?

一見、他愛もない質問や、即答できそうな質問こそ注意したい。それが本質を見極めるべき質問です。 例えば、休日の過ごし方やお金の使い方などは、ただ「あなたのプライベートに興味がある」というわけではないことが多いです。
こういった質問では、あなたの考え方や、金銭感覚、アクティブさやコミュニケーション能力など、仕事でも活かせそうな力をさり気なく見せられるいい機会ですから、気を抜かずに答えましょう。

また、すぐに会社を退職できるかと聞かれて「すぐにでも!」と答えてしまっては、責任感がないと思われてしまう可能性がありますので、こういったひっかけ質問にも注意が必要です。

女性特有の質問

 
女性特有の質問

41.結婚後も仕事を続けたいですか?

42.出産後も仕事を続けたいですか?

43.男女にかかわらず、仕事内容はかなりハードですが、大丈夫ですか?

44.管理職や後輩のマネジメントに興味はありますか?

45.髪の毛の色をもう少し暗くできますか?

女性の場合、新卒、中途問わず、結婚・出産についての考え方を聞かれることが多いですよね。 また、女性の社会進出に伴い、管理職やマネジメントといった男性ならば聞かれることが少ない質問をされることもあります。
こういった質問では、「本当はプライベートも大切にしたい」という気持ちがあっても、受かるために、本心とは別のことを伝えてしまう方もいるかもしれません

しかし、そういった回答によって、お互いの希望がミスマッチのまま就職してしまうと、結局は入社後にうまくいかない可能性もあります。 譲れる部分、譲れない部分を自分の中で明確にして、面接に挑むようにしましょう。

内定後についての質問

 
準備するべき質問

46.最短の出社可能日はいつですか?

47.引越しを伴う転勤は問題ないでしょうか?

48.入社後に取得したいスキル・資格はありますか?

49.入社後にどんな仕事をしたいですか?

50.内定が出たら、ご入社いただけますか?

内定後についての質問は、大きく分けて2つに分類されます。 入社後の意気込み・やる気を知りたい場合と、すでに内定を前提としている場合です。 48や49のような質問では、前向きな姿勢をアピールできる答えを用意しましょう。

その際には、志望職種や企業風土と自分のビジョンにミスマッチがないよう、企業研究をしっかりしておくことが大切です。 内定を前提とした46や50との質問では、落ち着いて解答することが大切です。
特に出社可能日などは、焦って予定より早い日程を伝えてしまうと、あとから「話が違う」となりかねません。 現職の労働規約などを事前にチェックし、退職までのスケジュールを調べておくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は面接で、聞かれる質問例50選を紹介しました。 誰でも、答えを用意していないと答えられないものです。

事前にしっかりと、答えを用意してから面接に臨みましょう。 面接は誰しも緊張すると思いますが、がんばってくださいね!

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU
転職ナビ公式アプリを使ってサクサク転職活動