JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. これで完璧!履歴書職歴欄の書き方マニュアル【記入例あり】

これで完璧!履歴書職歴欄の書き方マニュアル【記入例あり】

JOBSHIL編集部
履歴書の職歴欄の書き方を説明している女性
この記事のポイント
  • 履歴書の職歴欄は、正社員雇用を基準として記入する
  • 入社と退職、雇用形態、所属部署などの基本情報以外は、職務経歴書に書く
  • 職業や状況によって、表記方法が変わってくるので注意する

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

「アルバイト経験って、職歴欄に書いていいの?」
「社名が変わったけど、どうやって職歴欄に書くべき?」

仕事の経歴を書く履歴書の職歴欄ですが、書こうとすると迷って筆が止まること、ありますよね。

転職活動では職務経歴書と履歴書を一緒に提出することがほとんどですから、つい職務経歴書に意識が行きがちです。
しかし、履歴書の書き方もしっかり見られているのを忘れてはいけません!

今回は、履歴書職歴欄の書き方について、基本から応用まで詳しく説明いたします。

履歴書職歴欄と職務経歴書の違い

今回のテーマである履歴書内の職歴欄は、その名の通り、今までの仕事の経歴を書く部分です。
そして、履歴書とセットで提出することが多い「職務経歴書」も、今までの仕事についてを書く書類なのですが、内容は大きく違います。

履歴書の職歴欄は、どの会社にいつ入社・退社したかといった基本的な経歴を時系列で書いていく部分です。

一方、職務経歴書は、働いていた企業の詳細、どんな仕事をしたのか、仕事でどんな成果をあげたかを詳しくアピールするための書類と言えます。

それぞれの特性を理解した上で、書類を作りましょう。

履歴書職歴欄の書き方(基本編)

履歴書の職歴欄は、学歴・経歴欄としてまとめられていることが多いですよね
記入部分が学歴とまとめられている場合は、学歴を書いた後に1行あけた行の真ん中に「職歴」と書きます。

上記も含めて、まずは基本的な書き方を、記入例を見ながらチェックしてみましょう。

履歴書職歴欄の書き方サンプル
 
履歴書、職歴欄の書き方
  1. 学歴の後に「職歴」と見出しを書く
  2. 学歴や資格欄と年の表記を統一する(西暦・和暦どちらでもいい)
  3. 在籍した会社を時系列に記載
  4. 社名の横に業種を書くとより丁寧
  5. 正社員雇用以外の場合は、社名の横に必ず雇用形態を記載する
  6. 所属部署や部署異動、雇用形態の変更も記載する(枠に余裕があれば)
  7. 最後は右下に「以上」と書く

職歴欄は、これまでどんな会社にどのくらい在席したのかを明記する欄です。
年表記の統一や、時系列の記入を行うことで、採用担当者といった読み手の負担を減らすことができます。

社名の横に業種を記載するのも、読み手の負担を減らすためです。
業種の表記は必須ではありませんが、「何の会社だろう…?」と調べる手間をかけず、スムーズに読むことができます。

所属部署名を書くのも同じ理由。
読みやすさを意識したちょっとした心遣いで、さらによい履歴書になりますよ!

また、履歴書の職歴欄は正社員を基準なので、雇用形態が正社員以外の場合は、必ず明記しましょう。
雇用形態の記入を怠ると、面接の時に「話が違う」とトラブルになりかねませんので、注意が必要です。

アルバイト歴の記入方法

転職で正社員を目指す場合、アルバイト歴を書くべきか書かないべきか迷いますよね?

よくある正社員から正社員へと転職する場合は、アルバイト歴を書く必要はありません。
転職でアルバイト歴を書いていいのは、以下のような場合ですので覚えておきましょう。

 
アルバイト歴を書いてもいい場合
  • 正社員のあと、アルバイトやパートとして1年以上同じ職場で働いている
  • 応募職種に役立ちそうなバイト
  • 応募するのが正社員雇用以外
優先順位は、正社員>契約社員・派遣社員>アルバイトです。転職回数が多い場合は、上記の場合でも正社員歴を優先して書くようにしましょう。

入社時の書き方(雇用形態・職場別)

履歴書の職歴欄では、入社と退社の記入が必須です。
まずは入社時の書き方から、チェックしていきましょう。

基本編でも出ましたが、雇用形態が正社員以外の場合は、契約社員なのか、派遣社員なのか、アルバイトなのかをしっかりと明記します。
書き方は、「〇〇株式会社 入社」の後にカッコ書きで書けば問題ありません。

ちなみに、家業をお手伝いしているという方は、「家業手伝い(〇〇業)」と記入しましょう。

入社以外の書き方をする職業・職場

一般的な会社であれば、「〇〇株式会社 入社」と書けば問題ありませんが、例えば「〇〇病院 入社」や「〇〇銀行 入社」だと、すこし違和感を感じますよね。
また、テレビでアナウンサーが「入局◯年目」と表現をするのを、聞いたことがあるのではないでしょうか?これは入社と同じ意味で使われています。

このように職場によっては「入社」以外の表現を使うことがあるので、自分の職場は該当していないかチェックしておきましょう。

病院 入職
銀行 入行
省庁 入庁
放送局 入局
公務員 奉職(または入職)
独立開業 開業

退職時の書き方(退職理由・時期別)

退職には大きく分けて3つのパターンあります。
1つ目は自分の意思で辞める場合、2つ目はリストラや倒産などの会社都合で辞める場合、そして3つ目が契約期間が終了して辞める場合です。

また、まだ勤めているという場合もあるでしょう。
その場合は、2パターンに分かれます。
退職日が未定の場合は左詰めで「現在に至る」と書けば問題ありません。
退職日が確実に決まっている場合は「現在に至る」の横に括弧書きで退職予定日を書いておくといいですね。

それぞれの場合の書き方は、以下にまとめてありますので、当てはまるものを記入しましょう。

自主退職 一身上の都合により退職
会社都合の退職 会社都合により退職
契約満了の退職 契約期間満了のため退職
勤務中(退職日決定済) 現在に至る(〇月〇日退職予定)
勤務中(退職日未定) 現在に至る

こんなときどうする?

社名が変わった

以前勤めていた会社の社名が最近変わったようです。
どちらの社名で書けばいいですか?
社名が変わった場合は、勤務当時の社名「◯◯株式会社」を書き、その右に括弧書きで「現 株式会社✕✕」と記入しましょう。

【記入例】

社名変更があった場合の履歴書職歴欄の書き方

転職回数が多くて書ききれない

転職回数が多くて書ききれません…。どうしたら良いですか?
まずは、なるべく学歴・職歴欄の広い履歴書を探してみましょう。
それでも書ききれない場合は、最低限の情報(入社と退社)のみ記載し、「詳細は、別紙の職務経歴書をご参照ください」と書きます。

【記入例】

転職回数が多い時の履歴書職歴欄の書き方

長いブランク期間がある

長いブランクがありますが、印象が悪くなるのではと心配です。
ワーキングホリデーや留学、資格取得、病気の療養(現在は問題ない旨を記載)など、その期間にやっていたことがあれば、書いておくと印象がいいですね。

【記入例】

履歴書職歴欄のブランク期間の書き方

まとめ

仕事や雇用形態、これまでの経歴によっても、記入の仕方は大きく変わってきます。

記入する前に、自分の経歴を整理し、履歴書で簡潔にわかりやすく伝えられるよう、丁寧に仕上げましょう。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU