JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 面接対策
  2. 履歴書に英検は何級から書ける?基礎知識を徹底解説

履歴書に英検は何級から書ける?基礎知識を徹底解説

JOBSHIL編集部
履歴書に情報が書き込まれている画像
この記事のポイント
  • 履歴書に英検資格を記載するときは、正式名称を使おう
  • 自分の経歴に合った、英検の取得級を記載しよう
  • 資格の評価は企業ごとに異なるので募集要項などを確認すること

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

「履歴書に英検のこと書きたいけど、 自分のレベルで書いていいのだろうか?」 と悩む方も多いのではないでしょうか? 持っている資格に自信があれば良いですが、微妙なラインの場合、判断に迷いますよね。

今回は、書類作成時に迷わないように、履歴書資格欄への英検の書き方を紹介します。

英検の正式名称

英検の正式名称をご存知でしょうか?なんとなく、「履歴書には、英検と記載してはいけないのかな?」と感じ方もいらっしゃると思います。

履歴書には、正式名称で記載する必要があり、英検の正式名称は「 実用英語技能検定」といいます。 間違えて「英検」と記載しないように、注意しましょう。不安な方は下記リンクから確認してみてください。

日本英語検定協会のサイトはこちら

英検が正式名称だと思っている方もたくさんいます。気をつけてくださいね。

履歴書の表記の仕方

英検の正式名称はしっかりと理解しましたね。 しかし実用英語技能検定だけでは、履歴書に書くことは出来ません。

では、英検2級を取得していると仮定し、実際に履歴書に記載した例を用いて、説明します。 実際の表記の仕方は以下のようになります。

 

履歴書の資格欄

ここで大事な ポイントがあります。 それは 取得年と何級を持っているのかをしっかりと記載することです。 ご自身の持っている、英検の資格に合わせて履歴書に書きましょう!

合格した年月日の確認方法

取得してから何年も経過している場合、 過去に英検の資格は取ったけど、いつ取得したのか忘れてしまいますよね。

何年の何月に取得したものなのか、 しっかり把握しておく必要があります

もし忘れてしまった場合、合格証明書を見るか、ざっくりとした取得年数の記憶から思い出す方法しかありません。 以下のリンク先のサイトでは、英検の合格証交付日を記載していますので、参考にしていただければと思います。

合格証交付日を確認できるページはこちら

何級から履歴書に書けるの?

英検といっても 1~5級までと幅広くあります。英検を持っている方の英語のレベルは下記です。

推奨目安
5級 中学初級程度
4級 中学中級程度
3級 中学卒業程度
準2級 高校中級程度
2級 高校卒業程度
準1級 大学中級程度
1級 大学上級程度

参考: 日本英語検定協会

自分の英語のレベルが大体どのくらいかはこちらで確認できます。 大卒なら2級からが無難だと言われていますので、自分の経歴に合わせて、 取得した級を記載しましょう。それでは、各級ごとに注意やコメントをしていきます。

2級以上の方

一般的には 2級以上の方は自信を持って、履歴書に記載しましょう。 英検2級の英語のレベルは高校卒業レベルなので自信をもって記載してください。

2級未満の方

2級以上の方は自身をもって記載しましょうとのことでしたが、それでは2級未満の方は記載しないほうが良いのでしょうか? 実際にナコウドさんに意見を聞いてみました。

履歴書に記載できる資格が多いことは良いことです。面接官の方にどの資格に興味を持ってもらえるかはわからないので、 資格を保持している場合は、積極的に書いてアピールしましょう

もちろん、ご自身の経歴に合わせて記載してくださいね

資格を取得予定の方

まだ資格は持っていないけれど、「面接前までに試験結果が来る予定」、または「これから受ける予定の方」は、 「現在実用英語技能検定2級に向け勉強中」と記載しましょう。

まだ資格は取っていなくても、勉強中や取得予定なら履歴書に書いてみましょう。面接官に意欲が伝わるかもしれません。

英検に有効期限はない

「英検は昔取ったけど、取得したときは高校生だった。まだ保持資格として書いてもいいものなのかな?」と感じますよね。英検の公式サイトには下記のように記載されています。

留学に活用する目的の場合は、合格証明書発行日から数えて2年間と定めています。ただし、留学の使用でなければ、取得した資格は半永久的なものです。 また、出願先が有効期限の長短を定めている場合がありますので、詳細は学校側に直接お問い合わせください。
出典:日本英語検定協会サイト

留学をする際、英検の資格を使い英語能力をアピールする際には、2年間の有効期限です。しかしそれ以外の場合は資格は半永久的なものです。

転職活動で使用するのであれば、 有効期限を気にする必要はありません。しかし企業によっては決まりがある場合があります。 もし不安な場合は、求人情報の募集要項を確認したり、エージェントサービスを通しているなら、担当者に確認するようにしましょう。

英検を受けてみよう

英検を持っていないから受けたい、履歴書に書ける級をもっとあげたいという方は、英検に挑戦しましょう。 下記にて、英検の基本的な情報を紹介します、

英検の試験の時期

英検は 1年で3回行われます。 6月、10月、1月の3回です。(年によって変更する場合があります。英検の 公式サイトでご確認下さい。) 気をつけるべきなのは、締切が早いことです。 約1ヶ月前には締め切ってしまうので、締め切りに注意してください

試験内容

受ける級によって試験内容は違います。 例えば1級~3級の試験は面接の試験がありますが、4、5級は筆記試験のみです。

このようにレベルによって違いますので、 英検の公式サイトから試験内容を確認しましょう

日本英語検定協会のサイトはこちら!

英検の評価は会社によりけり

英検を持っている求職者の評価は、会社ごとに違います。英語を使う仕事ならもちろん評価されますし、取得している級も厳しくチェックされます。 しかし英語が関係のない仕事の場合は、どのように評価されるかわかりません。

評価されるかどうかはわからない場合は、一応、資格を記載しておくほうが無難です。ただし、ご自身の経歴に合わせた級を記載しないと、 マイナスアピールにつながることもありますので注意してください。

例え、英語を使わないお仕事だとしても、資格欄にはなるべく記載しましょう。 面接官は何を評価してくれるかわかりません。資格があるなら、自信を持ってアピールしましょう。 ただし、ご自身の経歴に合わせて、取得級を記載してくださいね。

まとめ

今回は、履歴書に英検について書くときのポイントをまとめてみました。 英検の正式名称から何級まで記載できるのかが、伝わっていれば幸いです。 自分に合った方法で、英検の資格をアピールしてくださいね。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU