JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 面接対策
  2. 入社前から好印象!内定承諾書につける添え状の書き方解説

入社前から好印象!内定承諾書につける添え状の書き方解説

JOBSHIL編集部
内定承諾書につける添え状づくりに頭を抱える男性
この記事のポイント
  • 添え状はパソコンで作って、印刷したものでOK
  • 内定承諾書の添え状には、書類の漏れを防ぐ役割とお礼を伝える役割がある
  • 添え状はお互いが気持ちよく入社を迎えるためのマナー

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

企業から頂いた内定に、入社の意志表示として提出する内定承諾書。
内定承諾書を郵送する際には添え状(送付状)をつけるのがマナーと言われていますが、どんな内容を送ればいいのか悩みますよね。

実は、添え状自体はそんなに難しいものではありません。
形式に沿って必要事項を書いていけば誰でもそれほど悩まず書くことができますよ!

今回は、添え状の書き方と併せて、内定承諾書用の添え状ポイントもご紹介いたします。

添え状はパソコンで作成OK

仕事などで添え状を出す場合、近年はパソコンで作り印刷したものを使用するのが一般的です。
内定承諾書に同封する添え状も、パソコンで作った横書きのものが主流ですから、ワードなどで作ってみましょう。

サイズは他の書類に合わせると統一感がありいいですね。
内定承諾書をはじめとする多くの書類はA4サイズでしょうから、一般的にはA4サイズで作れば問題ありません。

パソコンにワードソフトが入っていない方は、スマホのアプリやオンライン上で使えるサービスもありますので、そちらを使って作ることもできますよ。

添え状の役割

内定承諾書の郵送時に同封する添え状の役割は、大きく分けて2つあります。

1つは、一般的なお礼状と同じく「書類の漏れを防ぐ」ためです。
同封書類が記載してある添え状と同封書類を見比べることで、書類がしっかり入っているかを確認することができます。

もう1つの理由、それは「お礼状も兼ねて送る」ためです。
この役割は内定承諾書の添え状ならではとってもいいでしょう。

「内定ありがとう!がんばります!」という気持ちを伝えるために書くお礼状ですが、わざわざ書くのは大変ですし、忙しくて送ることが困難な方もいるはずです。
そのため内定承諾書の添え状に、お礼の言葉や抱負を書いておくと印象がいいですね。

お礼や抱負って、たくさん書けば印象も良くなりますか?
お礼や抱負は好印象ですが、添え状はお礼状ではありませんので、長すぎるのはNGですよ!お礼二言、抱負二言程度にまとめましょう。

添え状に書くべき内容

添え状の役割がわかったところで、次は添え状の内容を詳しく確認してみましょう。

一般的な添え状で大切なのは「いつ、誰が、誰に、どのような内容を、どのようにして伝えたいのか」を1枚で伝えることです。
上記にプラスして、入社の意思、お礼と抱負を伝えられると、内定承諾書の添え状としては完璧です!

1枚の紙にまとめるとして、流れとしては以下のようなイメージで書き進めましょう。

 
内定承諾書用の送付状内容
  • 送付日
  • 宛先・差出人
  • 件名
  • 「拝啓」と「時候の挨拶」
  • 本文(入社の意思と内定のお礼・抱負)
  • 「締めの挨拶」と「敬具」
  • 同封書類

内定承諾書の添え状例文

前の章でまとめた内容を、実際に文章にすると以下のような例文になります。

下記例文を、あなたの条件に変えて、添え状を書いてみましょう!

 
添え状例文

平成◯年◯月◯日

◯◯株式会社
総務部人事課 ◯◯様

〒000-0000
東京都品川区◯◯町◯丁目◯番地◯号
コーポ◯◯ ◯号室
[名前]
080-0000-0000

内定承諾書送付のお知らせ

拝啓
●●の候、貴社ますますご発展のこととお喜び申し上げます。
先日は面接(または面談)のお時間をいただきありがとうございました。
また、内定をいただきましたこと、重ねて御礼申し上げます。

内定のご連絡をいただき、あらためて身の引き締まる思いでございます。
◯月◯日の初出社日を心待ちにしております。
入社後は、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

つきましては、以下書類を同封いたしますので、ご確認のほどよろしくお願い申し上げます。

敬具

内定承諾書 1部

以上

送付日

一番上の日付部分は、書類の発送日を書きましょう。

宛先・差出人

宛名や差出人部分(自分の情報)は略さず書くのがポイントです。
宛先は、企業名・部署名・役職・担当者氏名、差出人の部分はあなたの住所・連絡先・氏名を書きましょう。

件名

「◯◯の送付」など、添え状だと一目でわかると、受け取った側も何の書類なのかすぐに判断しやすいですね。

「拝啓」と「時候の挨拶」

拝啓のあとには時候の挨拶である「●●の候」を入れますが、これは季節によって言葉を変えなくてはなりません。
どうしたらよいのか迷った時は、この頃という意味を持つ「時下」を使うと便利です。

本文

まずはじめに、内定を頂いたことや、選考に時間をさいてくれたことへのお礼を伝えましょう。
その後に、今後の抱負を一言二言書いておくとやる気が伝わりますよ!

「締めの挨拶」と「敬具」

最後に、下に書いてある書類が間違いなく入っているか確認してほしい旨を伝え、敬具でしめます。

同封書類

同封書類は箇条書きで記入します。書類の名称と、枚数を封筒に入れる順番に書いておきましょう。
同封書類を書く前には「記」、書き終わった後には「以上」を必ず記載しておきましょう。

添え状をつけて、入社前に印象アップ!

ビジネスマナーは、お互いが気持ちよく仕事をするための思いやりです。
マナーと考えると少しめんどくさく感じるかもしれませんが、あなたが気持ちよく入社を迎えるためと考えると、添え状はやっぱり必要ですよね。

マナーを守って添え状を送ることで、入社前から印象をアップさせちゃいましょう!

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU