JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 面接対策
  2. 面接で私服を指定されたら何を着る?服装対策徹底ガイド

面接で私服を指定されたら何を着る?服装対策徹底ガイド

JOBSHIL編集部
男女が5パターンの服を着ている画像
この記事のポイント
  • 面接で言われる「私服」とは、ビジネスマナーを守った服装のこと。
  • 「清潔感」と「きちんと感」を意識することが大事!
  • 服の色は、モノトーンや紺色・茶色などのベーシックカラーを選ぼう

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

はじめての私服での面接。スーツよりもコーディネートの選択の幅が広く、何を着ていったらいいか悩みますよね。 気をつけることの多い私服面接ですが、ポイントをおさえれば案外悩まずに服装を選べますよ。

今回は、基本の服装や、身につけるアイテムについて解説します!

「面接は私服でお越しください」と言われたら?

なぜ私服を指定するの?

企業が私服を指定する理由をみていきましょう。

①TPOの判断がつくかどうかを見ている

一般常識があるかどうか、ビジネスの場に適した服装ができるかどうかの確認をしている。

②社風に合っているかを確かめている

周囲から浮いていないか、協調性がありそうかどうかを判断したい。

③自由な社風をアピールしている

IT業界やマスコミ業界、外資系の企業に多い。リラックスして面接を受けてほしいとの企業側の配慮もある。

 
攻略POINT

服装の雰囲気が会社のイメージにふさわしいかどうかの判断として、ホームページをチェックするのもひとつの手です。 オフィスシーンを見ることができる場合は、先輩社員の方々が、どんな服装で働いているのかなど、参考にできそうですよね。

任意の場合、強制の場合

私服指定があった時、スーツか私服かを選べる場合と、私服で行ったほうがいい場合があります。 ドレスコードの記載によって企業の要求が異なるので、よく読んで服装を選びましょう。

 
【服装判断リスト】
  • 「私服で」→私服
  • 「あなたらしい服装で」→私服
  • 「カジュアルな服装で」→私服
  • 「私服可」→スーツ可
  • 「服装自由」→スーツ可

私服の定義が知りたい!

面接で言われる私服とは、「ビジネスカジュアル」を指します。 では、「ビジネスカジュアル」とはなんでしょうか。

細かい定義は業種、職種、社風などによって異なりますが、 平たく言うと、ビジネスマナーを守った格好、 つまり、“取引先の目上の方にあっても恥ずかしくない”服装のことになります。

シミシワのついていない、清潔感のあるラフではない格好というとわかりやすいでしょうか。 私服=普段着ではないので、注意しましょう。

写真で解説!転職時の服装対策徹底ガイド

OKパターン、NGパターンを参考画像とともにご紹介します!

【男性編】

バッグはA4サイズが入る自立式のものがベスト

 
バッグのOKパターン
  • A4が入るサイズもの(書類を折らずにいれるため)
  • 自立できるもの(面接時に床に置くことがあるため)
  • 色が派手ではないもの(黒・白・グレー・ベージュなどが望ましい)
 
バッグのNGパターン
  • リュックサック
  • リクルートカバン
  • ショルダーバッグ
  • セカンドバッグ
  • 色や柄が派手なもの
  • 民族系のデザインのバッグ

男性のズボン姿

面接先の企業に到着したら、エントランスに入る前に、バッグを写真のように手で持つようにしましょう。

持ち手が長いデザインの鞄でも、肩掛けのままはダメですよ。

靴は黒か茶色のビジネススシューズを選ぼう!

 
靴のOKパターン
  • ビジネスシューズと呼ばれるような革靴が基本
 
靴のNGパターン
  • サンダル、スニーカー、ブーツ

男性の靴

色は茶か黒 が一般的です。

靴の汚れは落とし、磨いていくと好印象です。

腕時計以外のアクセサリーはつけない!

 
アクセサリーのOKパターン
  • 腕時計
 
アクセサリーのNGパターン
  • ピアス、ネックレス、リングなどの装飾品は外しましょう

男性の場合は、基本腕時計以外の装飾品は外したほうが無難ですが、 結婚指輪に関してのみ、装飾品ではないため着用して問題ありません。

男性の身だしなみのことをもっと知りたい方はこちら!

髪型、髭・眉・爪に関することはこちらの記事を参考にしてください。

季節ごとの服装

春・秋は襟付きシャツがマストアイテム

 
春秋のOKパターン
  • テーラードジャケット
  • シャツ
  • スラックス
  • チノパン
 
春秋のNGパターン
  • Gジャン
  • 革ジャン
  • ナイロン素材のアウター
  • デニムパンツ

男性のスーツ姿

シャツは襟付きのものを着用するとフォーマル感がアップします。 白色シャツは清潔感をアピールできるアイテムです。色付きのシャツでもOKです。

面接会場までジャケットを脱いで手持ちで行く場合は、 襟がついた側を正面にたたむときれいに見えますよ。

夏でも薄手のジャケットを羽織るとより好印象!

 
夏のOKパターン
  • テーラードジャケット
  • ポロシャツ
  • 長袖シャツ(ネクタイはしなくても問題ありません)
  • スラックス
  • チノパン
 
夏のNGパターン
  • 半ズボン
  • カーゴパンツ
  • タンクトップ
  • Tシャツ
  • アロハシャツ
  • サンダル

ポロシャツの男性

襟元のボタンを開けすぎないように気をつけてくださいね。

夏でもジャケットは必要ですか?
一番フォーマルなのは、薄手の長袖シャツとジャケットをあわせた服装です。 業界や社風によっては半袖でOKな場合もあるので、 企業にあわせて選ぶようにしてください。

冬はジャケット+シャツでフォーマル感を演出

 
冬のOKパターン
  • ジャケット
  • シャツ
  • ニット(ジャケットのインナーとしてあわせてもOKです)
  • スラックス
  • チノパン
  • チェスターコート
  • トレンチコート
  • ステンカラーコート
 
冬のNGパターン
  • ダウン
  • ミリタリー
  • レザー

※カジュアルすぎるコートは避けましょう。

男性のスーツ

シャツをパンツインしてベルトをつけると、きっちりして見えますよ。

冬コートについてもっと知りたい方はこちら!

 

コートについてはこちらの記事を参考にしてください。

【女性編】

女性編はバッグからご紹介します!

バッグはA4サイズが入る自立式のものがベスト

 
バッグのOKパターン
  • A4が入るサイズのもの(書類を折らずにいれるため)
  • 自立できるのもの(面接時に床に置くことがあるため)
  • 色が派手ではないもの(黒・白・グレー・ベージュなどが望ましい)
 
バッグのNGパターン
  • リュックサック
  • リクルートカバン
  • ショルダーバッグ
  • クラッチバッグ
  • シースルーバッグ
  • かごバッグ
  • ファーの付いたバッグ
  • 民族系のデザインのバッグ

女性のバッグ

色や柄が派手なものは避けます。 金具やブランドロゴがない、シンプルなデザインが使いやすいですよ。

バッグの口はジッパーなどがついて閉まるタイプのものがオススメです。

5cm前後の高さの靴がオススメ!

 
靴のOKパターン
  • 7cmまでのヒール(ヒールの高さは3~5cmが一般的です)
 
靴のNGパターン
  • サンダル、ミュール、スニーカー、ブーツ

女性の靴

革製の、ストラップや装飾が付いていないパンプスを選びましょう。

ピンヒールは歩くとカツカツと音が鳴るので、避けたほうが無難ですよ。

女性の身だしなみについてもっと知りたい方はこちら!

メイク、ネイルについてはこちらの記事を参考にしてください。

アクセサリーは控えめなものなら着用OK

 
アクセサリーのOKパターン
  • 小ぶりで控えめなデザインのもの。

判断に迷ったら、腕時計以外はすべてはずしましょう。

季節ごとの服装

春・秋はオフィススタイルをイメージしよう

 
春秋のOKパターン
  • テーラードジャケット
  • カーディガン
  • ブラウス
  • シャツ
  • ワンピース(無地または柄が小さめのもの)
 
春秋のNGパターン
  • Gジャン
  • 革ジャン
  • ナイロン素材のアウター
  • デニム
  • ショートパンツ
  • ワイドパンツ
パンツスタイル

 パンツスタイルの女性

パンツはラインがストレートのものや、裾にかけてしぼってある形のものがおすすめです。 よりカジュアルダウンしたい場合はチノパンでもOKです。

スカートスタイル

 スカートスタイルの女性

スカートはタイトスカートやフレアースカートでひざ丈かひざが隠れる長さのものを選びます。 「座った時に膝上5cm」までが目安です。タイトスカートは着席時にせりあがりやすいので着用に気をつけてください。

また、スリットが入っているスカートは、歩いた時や座った時に大きく足が見えるので、要注意です。 面接前に試着し、歩いたり座ったりして確認してください。

夏は薄手のジャケットがあると便利!

 
夏のOKパターン
  • テーラードジャケット
  • カーディガン

暑さが我慢できるなら、ジャケットを羽織りましょう。インナーに半袖を着用すると暑さがやわらぎます。 カーディガンの場合は、色は白や淡いグレー、パステルカラーなどが爽やかに見えますよ。

ロングカーディガンでも着ていっていいんでしょうか?
ロングカーディガンは面接には不向きです。 裾が腰辺りにくるベーシックな形を選ぶといいですよ。
 
夏のNGパターン
  • 素足
  • ノースリーブ(ジャケットやカーディガンを脱がない前提で、インナーとしての使用ならOKです)
  • ホットパンツやショートパンツ
  • ミニスカート

露出度が高くならないように注意しましょう。 胸元がみえたり、肩や足を過度に出さないように気をつけてくださいね。

薄手の素材や淡色のインナーは、汗で下着が透けてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、暑いですが、パンツ・スカートに関わらず、面接にはベージュのストッキングを着用していきましょう。女性の半袖ビジネスカジュアル

長袖シャツまたは半袖の場合は、面接官に「上着をお脱ぎください」と言われたら、 ジャケットを脱いでもOKです。

冬でもベージュのストッキングをはこう!

 
冬のOKパターン
  • ジャケット
  • シャツまたはブラウス
  • 薄手のニット(インナーとして使用)
 
冬のNGパターン
  • 黒タイツ
  • 黒ストッキング
  • 白色のコート
  • ファー付きコート
  • ダウン・ミリタリー・レザー、柄物コート

女性の長袖ビジネスカジュアル

寒い冬ですが、黒ストッキングや黒タイツは避け、ベージュを着用しましょう。 スカートだけでなく、パンツでも、ベージュのストッキング着用がビジネススタイルの基本です

服装の色に決まりはある?

基本的には、性別問わず、 黒・白・グレーなどのモノトーンや、茶・紺などのベーシックカラーを選びます。 上下の色を揃えるときれいにまとまりますよ。 顔の印象を明るくしたい場合には、白やパステルカラーをインナーにもってくることが有効です。

 
【男性】
  • アウター:黒・茶・紺・グレーのテーラード(襟付き)ジャケット
  • インナー:白・グレー・水色・薄いピンク等のシャツ
  • パンツ:黒・茶・紺・グレーのスラックスまたはチノパン
  • :黒・茶系の革靴
 
【女性】
  • アウター:黒・茶・紺・グレーのテーラード(襟付き)ジャケット
  • インナー:白・パステルカラーのブラウスまたはシャツ
  • パンツ:黒・茶・紺・グレーのスカートまたはパンツ
  • :黒・茶・紺・グレーのパンプス

私服の選び方で合否は決まるのか

服装は採用の合否に関わります。 採用する側も限られた時間の中で判断することになるので、 第一印象で好感をもってもらえるかが大事なポイントになってきます。

カジュアルな服装が許されていそうな業界だったとしても、 面接時には社会人として良識ある服装で臨みましょう。

まとめ

  • 面接先の企業で働いたらどんな服を着るか
  • 取引先の大事なお客様に会うとしたらどんな服を着るか

そんな視点で考えれば、私服コーディネートのイメージをしやすいのではないでしょうか。

大切なのは「清潔感」と「きちんと感」です。 第一印象で損をしないためにも、この2点を特に気をつけるように心がけてくださいね。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU