転職ナビ

【 無料 】 業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト

まずは会員登録

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 履歴書とは違うんです!職務経歴書の書き方マニュアル【完全版】

履歴書とは違うんです!職務経歴書の書き方マニュアル【完全版】

JOBSHIL編集部
職務経歴書の書き方に悩む女性
この記事のポイント
  • 職務経歴書は、仕事に使えるスキルをアピールする書類
  • 企業が欲しい人材を把握して、書類を作ろう
  • 書くことが多い場合は、一番プッシュしたい経歴を書こう

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

転職活動では、選考用書類として職務経歴書を提出することがほとんどです。
履歴書だけでは伝えきれない職歴や、アピールポイントを伝えるための職務経歴書。

自分の良さを最大限にアピールしたいですが、なにを書いたらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか?

今回は、「そもそも職務経歴書ってどんなもの?」という基本から、書く前にやるべき情報整理のやり方、それぞれの項目の書き方などをご紹介します。

履歴書と職務経歴書の違いを理解しよう

転職活動で提出する書類といえば、履歴書と職務経歴書の2つを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? この2つ、似ているようですが、用途を含めいくつも違いがあるのです。
履歴書と職務経歴書の違いを理解することで、採用担当者が求める書類を作成することができますよ!

履歴書の特徴

履歴書は、学歴・職歴・資格や本人の希望など、最低限の情報を伝えるための書類と覚えておきましょう。

 
履歴書で見られているポイント
  • 仕事を続けてくれそうか
  • お互いの希望条件に隔たりがないか

具体的には、「通勤は無理のない範囲?」「転職回数は多くない?」といったことを見ています。

職務経歴書の特徴

職務経歴書は、仕事に使えるスキルをアピールする書類であり、以下のような部分が見られています。

 
職務経歴書で見られているポイント
  • 志望企業で活かせるスキルを持っているか
  • 自分自身のアピールポイントを理解しているか
  • 仕事に対する意欲はあるか
  • 転職理由や志望動機が納得のいく理由であるか

職務経歴書は、今までの仕事で培ってきた経験・スキルが自社でも役立ちそうか、 といった部分に注目をして見ています。
では、どうすれば、役立つスキルだと思ってもらえる職務経歴書が書けるのかを、考えてみましょう。

書く前にやるべきこと

職務経歴書が自分をアピールするための書類であることはわかりましたが、自分の良さをアピールするって、 慣れないですよね。

「自画自賛みたいで恥ずかしい」と感じてしまうかもしれませんが、あなたの人生を左右する大切な書類ですから、 今はその気持ちを捨てて、思いっきり自分をアピールしましょう!
もちろん、嘘や過剰なアピールはNGですよ!実績をどうアピールするかがポイントです。
 
書く前にやるべきこと
  1. 自分のキャリアを整理する
  2. 相手のほしい人材を知る
  3. 相手の欲しい人材と自分のキャリアで共通点を探す

①自分のキャリアを整理する

職務経歴書を書く前に、まずやってほしいこと。
それは、自分のキャリアを棚卸する ことです。
学校を卒業してから今まで、「どんな会社のどんな部署で、何をしてきたのか」を、まずは時系列に書き出してみましょう。

手書きで職歴の整理をしている

次に、特にアピールすべきスキルやキャリアをまとめます
社内で獲得した賞、達成した目標、完成させたプロジェクト、大きな挫折とそれを乗り越えたエピソードなど、簡単には経験できないことを書き出します。

最後に、ここまでに出したキャリアを分類します。
自分でわかりやすいように整理して大丈夫ですが、どう分類してよいかわからない場合は、以下の項目に分けてみましょう。

キャリアの分類

  • できなかったことができるようになった
  • 根気強く努力した
  • 知識がついた
  • 自信がついた
  • 得意分野

こうして、まずは今までの自分を振り返り、経歴を整理することが大切です。

②相手のほしい人材を知る

自分を知った次は、相手の求める条件を知りましょう。
例えば、「営業経験者歓迎」と書いてあるコールセンターの仕事で、「エクセルが得意」とアピールしても、魅力的には感じませんよね。
企業が求める人材を考慮せずに、自分の伝えたいことを書いてもアピールにはなりません

まずは、企業のホームページや募集要項を熟読し、相手がどんな人を採用したいと思っているのかや、どんな社風なのかを把握しましょう。

③相手の欲しい人材と自分のキャリアの共通点を探す

最後に、自分と相手の条件すり合わせを行います。 相手が欲しがっている人材に合わせて、自分のキャリアの中から合うものをピックアップしましょう。

職務経歴書は自分をアピールする書類ですが「自分がアピールしたいこと」を書くのではなく、 「相手に気に入ってもらえること」をアピールする書類 だと意識しましょう。

職務経歴書の書き方ポイント

職務経歴書に書く内容がきまったら、早速記入…と言いたいところですが、その前にもう1つ確認しておきたいことがあります。
それは書き方のポイントです。 各項目それぞれにもポイントはありますが、まずは全体で気をつけたい点をチェックしておきましょう。

 
職務経歴書を書く際の注意点
  1. 文字の間隔や余白に注意
  2. 数字や行動を入れ、内容は具体的に書く
  3. 守秘義務にあたる内容は記載しない

①文字の間隔や余白に注意

予定より多く書きすぎてしまったからといって、 行間を必要以上に狭くしたり、文字を詰めすぎるのはNGです。
2枚を予定していれば多くとも3枚以内に収まるはずですから、2枚でレイアウトを考えておくといいですね。

②数字や行動を入れて、内容は具体的に書く

転職活動において、どの場面でも嫌われるのが、抽象的な表現です。
「たくさんのお客様」と言われても、10人なのか100人なのか、「様々な施策」と言われてもどんな施策なのか、採用担当者には伝わりません。
「100人以上のお客様」「○○を××に改善する施策」など、具体的な情報を、必ず入れましょう

③守秘義務に当たる内容は記載しない

そして最後に、守秘義務を守ること。

先程具体的に書くように言いましたが、業務内容に社外秘の情報が含まれる場合は、商品名や社名をそのまま記入するのはNGです。
「大手○○商社」のように、相手がある程度内容を想像できる情報にとどめましょう。

もちろん、面接で話す場合も守秘義務で言えないことがある場合は、表現を濁します。
その際は「守秘義務があるため、詳しい社名などは申し上げられませんが…」と前置きをすれば、採用担当者も察してくれますよ。

項目ごとの書き方

さて、前置きが長くなりましたが、ここからは各項目の書き方を紹介します。

職歴要約

ニュースやネットの記事で最初の数行で読むのを辞めてしまうことってありませんか? 職務経歴書も一緒です。最初の職歴要約で「この先も気になる」と思ってもらえるかが重要です。 そのために大切なのがまとめ方です。

今までの経歴をたった5行程度でどうまとめるか? 20代で初めての転職であれば、所属部署や業務内容、実績をまとめることはそれほど難しくはありません。

 
20代で1社目の場合

新卒入社から約1年半、不動産営業をメインに行った後、開発部に移動し、大家様との商談や新規獲得のための 飛び込み営業を行っておりました。

また、得意分野を活かし、成約記事の作成や新コンテンツの企画・運営といったクリエイティブな仕事も兼任するなど、幅広い業務を担当いたしました。
物件獲得目標を6ヶ月連続で達成・新コンテンツの企画・運営に携わるなど、どちらの仕事も疎かにせず、全力で取り組んでまいりました。

ただ、今までの経歴を5行前後でまとめるのですから、転職回数や社会人歴の長い人ほど書きにくいですよね。
たとえば、転職回数が多くても仕事内容は一貫している場合は「大学卒業後より○年間、××職として働いてまいりました。」 から始めることで、職務についての熟練度を伝えることができます。
書くことが多くて迷っている方は、一番プッシュしたい経歴を中心に書くようにしましょう。

職務経歴

職務経歴欄

職務経歴は、在職期間と企業名を羅列する部分です。
履歴書の職歴欄を参考に書いてみましょう。

勤務先情報(会社情報)

企業情報欄

勤務先情報は勤務していた会社の規模などがわかる情報を記載しましょう。

 
勤務先情報に記載すること
  • 企業名(必須)
  • 在籍期間(必須)
  • 事業内容(必須)
  • 従業員数(必須)
  • 資本金
  • 売上高や年商など
  • 本社所在地
  • 設立年
必須以外はわかる部分だけで大丈夫ですよ!ここはサラッと書いてしまいましょう。

職務内容

職務経歴書で一番スペースを取るのが、この職務内容の部分です。
履歴書に書ききれなかった仕事内容を、詳しく書いていきましょう。

記入形式

職務内容は、ほかの部分とは違い記入形式がいくつかあります。

職務内容の記入形式
  • 編年体式(過去から時系列式)
  • 逆編年体式(現在から遡っていく)
  • キャリア式(職種やプロジェクトごとに経歴をまとめる)

編年体式が一番ポピュラーではありますが、転職回数が多い人など、編年体式が向いていない人もいます。
それぞれの形式の特徴は、以下の記事にまとめてありますので、チェックしてみましょう!

記入方法

業務内容欄

決まった方法はありませんが、箇条書きの方が、パッと見てわかりやすいのでオススメです。

仕事の内容、実績など、項目を分けて記入すると、読みやすくなりますよ!

活かせる経験・知識

ここは箇条書きで簡潔に書きましょう。 仕事での経験はもちろん、仕事以外の経歴・経験も、仕事に役立つのであれば書いてかまいません。 独学で学んでいることや、仕事以外での受賞歴、出場歴といったものを書いていきましょう。

保有資格・免許

保有資格も箇条書きでかまいません。 履歴書同様、取得年月と資格・免許名を記入します。

基本は仕事に関係ある物を記載しますが、国家資格や運転免許は関係なくてもすべて書く ようにしましょう。 和暦西暦は、職務経歴書や履歴書内で統一されていてればどちらでも問題ありません。

 
保有資格・免許記入例
  • 平成○年○月 普通自動車第一種運転免許 取得
  • 平成○年○月 実用英語技能検定 準1級 取得
ちなみに、仕事に関係するものであれば、趣味系の検定を書くこともできます。 和食店の求人で日本酒検定、ブライダルやインテリア関係でフラワーアレンジメント系の検定などは関連性があるので、書いても大丈夫です!

志望動機

履歴書でもおなじみの志望動機ですが、履歴書はスペースも限られていて、伝えきれないこともありますよね。 職務経歴書はレイアウト自由ですから、履歴書に書ききれなかった思いをプラスして伝えましょう。

志望動機の考え方

志望動機というと、その仕事の志望動機と考えがちですが、実は3つの種類があるのです。

1つ目は職種の志望動機
なぜ、営業をしたいのか、なぜ事務がいいのか。その理由をきちんと説明できるようにしましょう。

2つ目は、その会社の志望動機です。
世界でその企業だけが作っている商品やサービスがあれば、それが理由になりますが、ほとんどの企業はそうではありません。 同じ商品を扱っている、同じ業界のなかで、どうしてその会社なのかを伝えることで説得力が増します。

最後の3つ目は、業界の志望動機です。
どうしてその業界で仕事がしたいのかを考えておきましょう。

特に、会社と職種の志望動機は、熱意が伝わりやすいので、丁寧に書いておきたいですね。

そんなこと言っても、正直なところお給料が良かったのが一番の理由です…。 ちゃんとした志望動機が浮かびません…。
どうしても志望動機が浮かばないときは、企業の考え方の中で共感できる部分を探してみましょう。 詳しくは以下の記事に記載がありますので、チェックしてみましょう。

自己PR

「職務経歴書を書く前に」でも説明したように、会社が欲しい人材とあなたの能力がマッチして初めてPRになります。 つまり、自己PRは、「自分はこんなことができます!」では不十分。 自分の能力をアピールではなく、自分の能力が企業に与える利益をアピールするのが自己PR です。

 
自己PRの書き順
  1. 最初にアピールポイントを一言で説明
  2. どうして○○なのか、根拠エピソードを話す
  3. 根拠エピソードでどのような成果がでたのかを具体的に話す
  4. アピールポイントを志望企業でどのように活かせるかを提示

自己PRの考え方については、以下の記事に詳しく解説してありますので、参考にしてみてください。

どの項目も「相手の求める人物像に合わせてアピールすること」が大切ですね。

まとめ

いかがでしたか?自分をうまくアピールできそうでしょうか。

職務経歴書を作ることは書類選考のためと思いがちですが、きちんと作ることで自分の過去を整理することができますから、面接で詳細を聞かれても答えやすいです。

自分の過去を振り返りながら、これからの未来について考えてみると、転職活動もなんだか楽しく感じられるかもしれませんね。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU
転職ナビ公式アプリを使ってサクサク転職活動