JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 【会社を辞めたい2年目】の転職ってアリ?ナシ?

【会社を辞めたい2年目】の転職ってアリ?ナシ?

JOBSHIL編集部
2年目のプレッシャーを背負っている男性
この記事のポイント
  • 入社2年目で辞めることのメリット・デメリットを理解してから判断しよう
  • 部署異動や休職など、退職以外の手段もあることを覚えておく
  • 「なんとなく辞めたい」はNG!辞めるなら芯を持って行動しよう

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

会社に入って2年目は、慣れてきて仕事の楽しさがわかり始めると同時に、「会社を辞めたい」という思いが強くなる時期でもあります。

しかし、まだまだ2年目ですから、「勤務が短いと転職に不利?」「辞めたあとどうしよう…」など、悩みますよね。

今回は、入社2年目に転職するメリット・デメリットや、企業側から見た2年目の印象、辞める際に気をつけるべきことなどをご紹介します。

2年目は辞めたいと思う時期

仕事や会社にも慣れてくる入社2年目は、「会社辞めたい」と思う気持ちが大きくなってくる時期です。
1年目に比べ、2年目はより根拠がはっきりした「辞めたい理由」が多くなり、実際に辞めていく人も多くいます。

 
入社2年目で辞めたい理由例
  • 仕事に慣れてきて、つまらなくなる
  • 仕事への理解が深まったからこそ、向いてないとわかった
  • 会社の内情が見えてきて、希望が見えない・人間関係が辛い
  • 目標数字などを持つようになりプレッシャーがかかる

新入社員として大切に扱われていた1年目に比べれば、辛いことも嬉しいことも増える2年目。
この時期は、自分の立ち位置や今後のキャリアについて悩みやすい変化の時期とも言えます。

辞めるべきか、この会社に残って頑張るべきか。

後悔のない選択をするためにも、入社2年目の転職について知っていきましょう。

体調が悪いといった場合は、休職や退職を早めに決断することも大切ですよ。

入社2年目で転職をするメリット・デメリット

入社2年目で「会社辞めたい」と思いはじめたら、この時期に転職をするメリット・デメリットを知っておくことが大切です。

求職者から見たメリット・デメリット

 
求職者のメリット
  • 新卒2年目なら、第二新卒求人に応募できる
  • 社会人としての基礎が出来ている

新卒入社から3年以内は、第二新卒という枠で応募することができる企業が多くあります。
中途に比べて経験よりもこれからの伸びしろなどが重視されるため、未経験の業界・職種に飛び込みやすいというメリットがあります。

また、1年働いているので、社会人としての基礎的なマナーが出来ていることも、評価されやすいポイントとなります。

ただ、もちろんデメリットもあります。

 
求職者のデメリット
  • 中途求人の場合は、経験不足と判断されることがある
  • やっと慣れてきたところで、人間関係もすべてやり直しになる

中途採用の応募条件として「営業経験2年以上」といった必須項目が設定されていることがあります。
2年目社員の経験年数は1年と数か月、つまり1年です。

そのため経験年数が足りないと判断され、書類で落とされたりなど不利になることがありますので、第二新卒ではなく同業種で中途採用を受けようと思っているのであれば、もう少し経験をつけてからでも遅くはありません。

また、転職は今まで築いてきた人間関係もすべて新しくなります。
疲れている方や、人間関係に悩んでいる方は、就職活動や転職がストレスとなってしまう可能性もありますので、まずは現在の会社で部署異動や休職を相談してみてはいかがでしょうか?

企業側から見たメリット・デメリット

入社2年目、とくに新卒入社2年目の求職者を採用する場合、企業側にもメリット・デメリットがあります。

 
企業側のメリット
  • 前の社歴が短いので、新しい環境に馴染みやすい
  • 社会人としての基礎ができているので、研修や人材育成費が抑えられる

新卒社員の「新しい環境への馴染みやすさ」と中途採用の「人材育成費が減らせる」という部分の良いとこ取りをするなら、第二新卒の入社2年目がちょうどいいのです。

逆にデメリットはというと、以下のようなものが考えられます。

 
企業側のデメリット
  • 転職を繰り返す可能性がある
  • 忍耐力がない可能性がある

1度退職を経験しているので、転職に抵抗が少ない可能性もあり、またすぐに辞められてしまう不安があると考えられます。
企業によっては「忍耐力がない」と評価される可能性も十分にあることを理解しておきましょう。

メリット・デメリットを自分の状況に当てはめながら、いま退職するべきなのかを考えましょう。

辞める前に知っておきたい4つのこと

メリット・デメリットを知った上で、会社を辞めることを選択したら、気をつけたいことが4つあります。

辞める前に知っておくことで、転職の失敗を未然に防ぐことができます。

 
会社を辞める際に気をつけたいこと4つ

それぞれ詳細を見ていきましょう。

転職活動は退職前?退職後?

転職を考えたときにまず迷うのが、「働きながら転職活動をする」「退職してから転職活動をする」かです。
どうするべきか迷ってしまいますよね。

これからそれぞれのメリット・デメリットをご紹介しますので、どちらが自分にとって活動しやすいか考えてみてください。

働きながら転職活動するメリットは、収入が安定すること経歴に空白期間が空かないことがあげられます。

転職活動は、交通費や履歴書の写真撮影費用など、意外と出費がかさみます。安定した収入を確保しておけば安心なのではないでしょうか。

また、経歴に空白期間ができないことも在職中に転職活動をするメリットのひとつと言えるでしょう。

働きながら転職活動するデメリットは、転職活動のための時間を十分に確保するのが難しいことです。

在職中の転職活動については、こちらの記事で詳しくご紹介していますので、気になった方は参考にしてみてください。

退職してから転職活動をするメリットは、時間に余裕ができることです。
残業が多かったり、休みが取りずらい環境の職場にお勤めの場合、仕事と両立しながら転職活動をするのが難しく、退職を早める必要が出てくるかもしれません。

退職してから転職活動をするデメリットは、転職活動が長引いてしまった場合に、お金と心の余裕がなくなってしまうかもしれないことです。

貯蓄が尽きてしまい、あせって希望外の企業に再就職…という結果になってしまっては、せっかくの転職活動がムダになってしまいます。

転職活動中のお金についても知っておく

転職活動は平均3か月かかると言われています。

そのため、退職後の転職活動を予定している場合は、生活費や税金など、数か月分を支払えるだけの貯蓄があるかを考えておくことが重要です。

もしあなたが、「貯金がなくても失業保険でまかなえるから大丈夫!」と考えているなら注意が必要です。

失業中の大切な収入源である失業保険ですが、受給には下記3つの必要条件を満たしている必要があります。

基本手当をもらうための3つの条件
  1. 失業状態である
  2. 退職日前の2年間で通算12ヶ月以上雇用保険に加入している(一部例外あり)
  3. ハローワークで求職申込みをしている

また、自己都合での退職の場合、給付開始までに3か月と7日間待機期間があるので、その間の貯蓄は必要になるのです。

失業保険について詳しく解説した記事はこちら!

企業・業界研究と自己分析をしておこう

次の転職を成功させるためには、企業や業界の情報収集と自分の得意不得意に関する自己分析をしておくことが大切です。

どうして辞めるのか=どんな会社なら長く働けるのかどんな会社でなら自分の能力を活かせるのかを基準に転職先を探すと、ピッタリの就職先を見つけやすいでしょう。

企業・業界研究に関する記事はこちら!

自己分析に関する記事はこちら!

転職活動を効率良く!自分にあった相談先を選ぼう

「自己アピールって何を話したらいいの?」
「職務経歴書の書き方がわかりません!」
など、初めての転職は分からないことだらけ。 困った時に相談できる相手が欲しくなることもありますよね。

こんなときにオススメなのは、プロに相談することです。
なぜなら、プロは業界や職種についての知識があるから。

いまのあなたにぴったりの仕事を探したり、内定を獲得しやすいテクニックについて知るためには、プロに頼るのが効率的です。

相談先は、相談相手相談手段から選ぶことができます。

相談相手
  1. ハローワーク
  2. 転職サイト
  3. 転職エージェント
相談手段
  1. チャットアプリ
  2. メール
  3. 電話
  4. 対面

詳しい内容はこちらの記事で紹介していますので、興味のある方は読んでみてください。

「とりあえず3年」は絶対ではない

入社2年目で辞めると考えた時に思い出す「とりあえず3年」という言葉。
3年働かないと職歴としてよくない、3年働かないと仕事の面白さはわからないといった意味で使われることが多いですが、第二新卒採用が一般的になった今、転職への影響についてはそれほど気にすることはありません。

もちろん、「なんとなく辞めたい」では明るい未来は開けませんが、体調不良であったり、どうしてもやりたいことがあったりという場合は、新卒2年目で会社を辞めてもいいのです。
自由に動ける貴重な時期に、リスクを伴う行動にチャレンジしてみたいという方は、新しい世界に飛び込むいい時期といえるかもしれません。

続けるにしろ辞めるにしろ、その選択が正解とは限りません。しかし、若ければやり直すこともできます。
自分どうなりたいか、そのためにはどうしたらいいのかを考えて、芯をもった行動を心がけましょう。

辞めるか続けるか悩んでしまう…そんな時は、私たちキャリアアドバイザーにご連絡ください。
私たちに、あなたにとって最適な道を考えるお手伝いをさせてください!
無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU