JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 【3年目の憂鬱…】「会社辞めたい」と思ったら知っておきたい3つのこと

【3年目の憂鬱…】「会社辞めたい」と思ったら知っておきたい3つのこと

JOBSHIL編集部
仕事を辞めたいが、辞めるべきか続けるべきか迷っている人
この記事のポイント
  • 3年が区切り。第二新卒で勝負するか、中途採用で勝負すべきかを見極めよう
  • なんとなく辞めたい人や部署異動・配置換えで問題が解決する人は、辞めない方がいい
  • メリット・デメリットを理解して、自分に最適な選択を選ぼう

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

会社に勤めていれば1度は聞いたことがある「とりあえず3年」という言葉。
3年目になると、その期間も迫ってきて、この仕事を続けていくべきか悩む方もいるでしょう。
入社3年目は、今後のキャリアを考える意味でも重要な時期といえます。

また、会社を辞めたいと思っている人は、このまま働き続けて丸3年働いてから辞めるのと、3年を待たずに今辞めるのでは、どちらがいいのか悩みますよね。

今回は3年目で辞めたいと思った時に、知っておきたい知識をご紹介します。

辞める辞めないのベストな判断は、その人の環境によって変わってきます。
あなたにとって一番いい選択肢を探していきましょう。

入社3年目の辞めたい理由

3年目ともなると、定番の人間関係だけでなく、2年以上続けてきたからこその理由がでてきます。

 
3年目の辞めたい理由
  • 責任が重い
  • 社内の雰囲気がわかって、長く続けるのは難しいと判断
  • とりあえず3年が迫ってきた
  • 仕事が面白くない
  • 周囲との差がつき始めた
  • もっとキャリアアップしたい

会社の将来性が見えてきたり、仕事の面白さや辛さがわかったりと、長く続けてきたからこそ気づく部分はあるはずです。
その結果、キャリアップのために仕事を変えたいと思う人もいます。

また、1人でできることが増えれば、責任も自然と重たくなってきますし、向いているかどうかや、周りとの実力の差なども現れてきます。

このように責任などの重圧がストレスになり体調が悪くなってしまうことも。
その場合、まずは休職制度などを使って体と心を休めましょう。
それでも良くならない場合は、退職も選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

①辞めてはいけない場合、辞めないほうがいい場合

体が限界であったり、どうしても解決できない問題に直面したのであれば、退職は「逃げ」ではありません。

しかし、将来のビジョンが明確でないのに「なんとなく」辞めたいと思っているのなら、退職すべきではありません。
明確な理由のない退職は、たとえ新しい会社に入ったとしても、また同じような壁にぶち当たりやすいのです。

また、場合によっては転職という行為自体が大きなストレスになることもあります。
もし会社を辞めなくても解決できる問題ならば、辞めないほうが精神的に負担が少ないこともあります。

部署異動や人員の配置換えなどで問題が解消することもありますので、人間関係や仕事の成長で悩んでいるのであれば、まずは信用できる上司に相談してみましょう。

辞めるか辞めないかの判断では、自分がどうなりたいか、今どういう状況で、なにが問題なのかをしっかりと考えることが大切です。

②決断の前に考えること

自分がどうなりたいか、現状がどうなのかと言われても、実際にはどんなことを考えればいいのでしょうか?

今の会社を退職するか、それとも続けるのかを決める前に、具体的には以下のような項目を確認しておきましょう。

 
決断前に確認すること
  • 現在の会社での給与や昇給条件
  • 自分の貯金額
  • 結婚出産の予定
  • なりたい姿(目標)を決める
  • 辞めたい理由の整理

ポイントは現状を把握した上で、その現状をどう変化させたいのか考える事です。

現在の給料や昇給の幅を把握した上で、5年後・10年後にどうなっていたいたいかを考えてみましょう。

「今貯金がいくらだから、5年後までにプラス100万円貯めたい」
「今の彼女と28歳に結婚するとしたら、それまでに次の会社で3年は働いておきたい。」

大卒の場合、新卒3年目は25歳前後
将来設計も考えなくてはいけない人も出てくる年齢ですから、仕事と私生活、両方の未来のビジョンも考えておきましょう。

そして最後に、辞めたい理由を整理しておきます。
部署異動や、休職でどうにかなる理由なのかはもちろん、次の会社を選ぶ際には、その理由が改善できるかを1つの基準にして考えましょう。

③3年目に辞めるメリット・デメリット

自分の考えと状況を整理し終わったら、最後に客観的に見たメリット・デメリットと自分の状況を照らし合わせながら、判断します。
まずはメリットから見てみましょう。

3年目に辞めるメリット

 
3年目に辞めるメリット
  • 第二新卒滑り込み
  • スキルを武器にできる
  • 継続力を評価してもらえる
  • 職種・業種を変えるチャンス

新卒の場合、3年目の間に退職すれば、第二新卒の求人にも応募することができます。
さらに、スキルや経験もある程度あるので、第二新卒も中途採用もチャレンジしやすいというメリットがあります。

転職の時に心配されがちな、「すぐ辞めてしまうのでは」問題も、現在の会社を2年間は続けているので、そこまで心配されることは少ないでしょう。

また、第二新卒は中途採用に比べて未経験の職業にもチャレンジしやすいので、職種や業種を変えたい人はこの時期の転職がチャンスと言えます。

入社3年目の転職の場合、第二新卒の場合のメリットが多いので、ここで第二新卒について採用側がどう思っているかもチェックしておきましょう!

第二新卒に企業が求めること

第二新卒は近年、求人としても人気があり、転職ナビでも第二新卒として多くの方が転職されています。
実際に第二新卒を採用する企業も増えていて、それには以下のような理由があります。

 
第二新卒の採用理由
  • 基本的なビジネススキルを持っている
  • 企業風土にとけ込める
  • 新卒と比べて企業とのミスマッチが起こりにくい

第二新卒の特徴として、中途採用に比べて、会社への溶け込みやすさや気持ちの面も評価されやすいことが挙げられます。
第二新卒について、更に詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

第二新卒で3年目だからこそのメリットってあるんですか?
3年目は第二新卒の中でも前職の経験が長いので、経験の部分をアピールすることができますよ。

3年目に辞めるデメリット

もちろん、3年未満で辞める場合、デメリットもあります。

 
3年目に辞めるデメリット
  • 同業種に転職する場合は、経験不足の可能性がある
  • 3年未満だと退職金がもらえない可能性が高い

3年目ともなれば、中途採用の求人に挑戦する方も多いはずです。
しかし、その場合には注意が必要です。募集条件に「営業経験3年以上」「事務経験3年以上」といった条件がついていることがあるからです。
経験年数が募集条件で提示される事が多い専門職や営業・事務などの場合は、不利になる可能性があることを覚えておきましょう。

また、退職金制度がある会社では、3年以上働かないと退職金がもらえないことも多々あります。
辞める前に、就業規則などを確認しておくことをオススメします。

状況に合わせて判断しよう

いかがでしたか?あなたの今の状況や気持ちから、今後どうすべきか決められそうでしょうか?

状況も考え方も人それぞれですが、もし「なんとなく辞めたい」だけなら、とりあえず3年までは続けてみたほうがいいですし、今の会社で解決できる問題が原因なら無理に転職をする必要はありません。
環境の変化によるストレスも加味して、慎重に考えましょう。

しかし、未来のビジョンが明確であり、今の会社でそれが達成できないと判断したのであれば、入社3年目(特に新卒入社から)は、新しい環境に飛び込むには最適の時期といえます。

未来のために今できること。それがこの会社で頑張ることなのか、転職なのか、真剣に判断していきましょう。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU