JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 「会社を辞めたい」が言えないときの心理と5つの対処法

「会社を辞めたい」が言えないときの心理と5つの対処法

JOBSHIL編集部
会社をやめたいけど色々不安があって言えない男性
この記事のポイント
  • まずは、本当に辞めるべきなのかを、もう1度考えよう
  • 辞めたいのに言えないまま過ごしてしまう心理を理解しよう
  • 言えないときは、「退職届を書いてみる」などの対処法を試してみよう

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

会社を辞めたいと思っていても、実際に伝えるとなると想像の何倍も緊張しますし簡単ではありません。

「上司に怒られるんじゃ…」
「周りに人に迷惑が…」

などの思いから、会社を辞めたいのになかなか言えない人も多いのではないでしょうか?

しかし、辞めたいのに言えない状態で時間だけが経過していくと、不満がどんどんたまりストレスで体を壊したりすることもあります。
結局、どんな道に進むにしろ、結論はあなた自身が出さなくてはいけません。

今回は、辞めると決めたのに言い出せない理由やその心理、言えない場合に実践したい対処法を紹介します。

辞めたい理由は大きく分けて2種類ある

まずはあなたが会社を辞めたい理由について、考えていきましょう。
会社に勤めていると様々な辞めたい理由に遭遇すると思います。会社を辞めたい理由を大きなくくりで見ると、2つに分けることができます。

 
会社を辞めたい理由
  • 自分のステップアップ
  • 会社などへの不安や不満

1つ目のキャリアアップといった前向きな理由の場合、現在の会社で出来ないことをやりたいのなら、退職して新しい仕事にチャレンジしてみるのも選択肢の一つです。

2つ目の会社や同僚、仕事内容に対する不安や不満、または仕事の向き不向きなどの場合は、少し自分の中で辞めたい理由を整理して、本当に辞めることが最適な選択なのかを考えてみましょう。

今の会社で解決出来ないなら辞めてもいい

不安や不満が理由の場合でも、早めにその職場を離れるべき状況もあります。

すぐに辞めても問題ない場合とは、以下のような状況です。

 
すぐに職場を離れるべき場合
  • 違法・法律ギリギリの残業といったブラック企業
  • 心や体に不調が現れている
  • 社風が合わない

体調が悪化したり、法外な残業時間であったりといった場合は、早めの退職をオススメします。
また、社風が合わないとなると、社内のどこにいても解決するのが難しいので、早めに新しい職場を探してみましょう。

しかし、それ以外は基本的に、もう1回冷静に考えてみてください。
実は、辞めたい理由の上位である人間関係や仕事内容は、部署異動で解決できることもあるのです。

退職や転職は思った以上にパワーを使います。
辞めなくても解決できるのであれば、辞めない選択肢もあることを覚えておきましょう。

もちろん、考えた結果、退職を選ぶこともあるはずです。
ここで今回のテーマである、「辞めたいのに言えない」という悩みが登場します。

辞めたいのに言えない理由

「辞めたいのに言えない」と悩んでしまう理由としては、以下のようなものが挙げられます。 

 
辞めたいのに言えない理由
  • 実はまだ辞めるか迷いがある
  • 気が小さい
  • 現状を変えてしまうことへの不安・恐れ
  • 社内の人と気まずくなるのが怖い
  • 引き止められたら気まずい
  • 上司が怖くてなかなか言えない
  • パートナーや親を失望させてしまう
  • 人手不足で言い出しづらい
  • 職場に迷惑をかけそうで申し訳ない
  • 辞めた後のことが決まっていない

紹介したような理由から、仕事を辞めたいのに職場に伝えられずに悩んでいる人が多くいると思います。

そして、これらの理由には、4つの心理が隠れているのです。

辞めたいのに言えない心理

言いたいのに言えない理由の裏には、以下のような心理が存在していることが多くあります。
この考え方や意識が強くなってしまうと、不満を持ちつつズルズルと勤めてしまい、体を壊してしまうことも。

まずは、言えない心理がどんなものかを見てみましょう。

 
言えない時の心理
  • 他人や会社の都合を優先して考えてしまう
  • 罪悪感を感じて、迷惑をかけるのではと考えてしまう
  • 言えない理由ばかり考えている
  • 辞めることよりも伝えることに苦手意識を感じてしまう

他の人のことを考えてしまう優しい方は、つい人に迷惑がかかることを考えがちです。

しかし、あなたの人生はあなたのもの。他人のことを思いやれるのはとても素敵なことですが、まず自分の心や体を大切にしてください。

だれしも自分を主人公にして生きています。
自分を主人公にして生きていれば、時には周りに迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。
でも、それは当たり前のことです。

辞めるのは働く人の権利ですから、気にするべきは辞めることではなく、辞めるまでの行動です。
引き継ぎを丁寧にする、退職時期を繁忙期からずらすといった配慮を出来る限りして、なるべく迷惑をかけないように行動すればいいのです。

また、「今は○○だから辞めると言えない。」「辞めると伝えるのが何より怖い。」と思って言えない方もいるでしょう。
そういった考え方になり始めると、結局いつまでも言えず、ストレスだけが溜まっていく可能性もありますので、注意が必要です。

辞めたいのに言えないと行き詰まっている場合は、次に紹介する対処法を試してみましょう。

辞めたいと言えないときの対処法

ここまでを読んだ上でも、まだ辞めたいのに伝えられないのであれば、以下の方法をためしてみよう。

 
言えない時の対処法
  1. 辞めたい理由を思いつくだけたくさん上げる
  2. 退職願を書いてみる
  3. 辞意をどう伝えるか考える
  4. 退職後どうなるのか、どうなりたかを考える
  5. 転職先を先に探してみる

「電話営業が辛い」「お局さんが怖すぎる」など辞めたい理由を文字にして並べてみると、「こんなに辞めたいと思っていたんだ…」と驚くかもしれませんし、「意外とどうってことないな」と気づくかもしれません。その結果、続けてみることに決めたのであれば、その選択を信じてもう少し頑張るのもいいですね。

ただし、辞めたい理由を書き出してみた結果、「やっぱり辞めたい」と確信したのであれば、次は退職願を書いてみましょう。
自分で作った退職願を印刷して見てみると、辞めることに対する実感が湧きやすくなります。

そして、その後には、退職をどう伝えるかシュミレーションをしたり、退職したらどうなるのか、どんなふうに生活したいかを想像してみます。
「人生バラ色!」と思う方もいれば「未来が不安…」と思う方もいるでしょう。

次の仕事といった未来への不安が大きい方は、先に就職先を探してみるのがオススメです。
転職先を先に探すことで、心だけでなく、金銭的にも余裕が生まれます。
その余裕は、精神的な前向きさにつながりますので、辞めると伝える決心がつかない方にはおすすめの方法です。

退職に対する不安要素を一つずつ潰していくことで、言えないという思いを打ち消していくことが大切です。

会社の辞め方

 会社を辞めると伝える決心がついたら、あとは会社の規則に沿って退職の手続きをしていきます。

就業規則がある場合は、規則に従って退職時期を決めたり、書類などを提出していきます。
就業規則がない場合は、遅くとも退職希望日の1ヶ月前までには、退職の意志を伝えるようにしましょう。

その他、会社の辞め方について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

まとめ

いろいろな理由があり、やめたいと思っていても言えない人がいるはずです。

辞めることを迷っているから言えないのか、心から辞めたいと思っているのに言えないのかは人それぞれですが、本当に辞めたいと思っているのであれば、そのままズルズルと時間を過ごしてしまうのはあまり得策とはいえません。

あなたの人生を少しでも良い方向に進めるためにも、「辞めたい」の一言を伝えるための対策を実践してみましょう。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU