転職ナビ

【 無料 】 業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト

まずは会員登録

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 面接対策
  2. 【新たな長所発見!】面接で答える長所の選び方、答え方まとめ

【新たな長所発見!】面接で答える長所の選び方、答え方まとめ

JOBSHIL編集部
面接で伝える長所を見つけて喜ぶ女性
この記事のポイント
  • 面接で長所を聞かれたら、客観性と志望企業で活躍できるかを意識して答えよう
  • 長所が見つからないときは、短所を裏返して探してみよう
  • 長所を答える時は、具体的なエピソードと仕事での活用方法を伝えよう

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

面接で「長所を教えてください」と言われたら、あなたはなんと答えますか?

自分の長所を伝えるのは恥ずかしいと思ってしまう人や、長所なんて思いつかないという人もいるのではないでしょうか?

しかし、面接は自分の魅力を伝える場ですから、長所は目一杯アピールしないといけません。
だったら、内定に1歩でも近づけるような答え方をしたいですよね。

そこで今回は、長所の伝え方ポイントや、長所の例、長所が思いつかないときの対処法など、盛りだくさんでご紹介します!

長所から面接官が知りたいこと

まずはじめに、なぜ面接で長所を聞かれるのかを知っておくのが大切です。
長所ですから、あなたのいいところを知りたいというのも、もちろんあるでしょう。

しかし、面接官が長所から知りたいことの本質は、他にもあります。

 
長所から面接官が知りたいこと
  • 客観性をもっているか
  • 活躍するイメージがあるかどうか

自分のことは自分が一番良くわかっている気がしますが、人間、どうしても自分に都合のいいように解釈してしまいがちです。
つまり、自分では長所と思っていても、それが他人から見ても長所とは限らないということ!

面接で伝える長所は、客観的に見ても長所と言えるものである必要があります。
家族や友人などに、自分が考えている長所が客観的に見ても長所といえるのか、面接前にチェックしてもらうといいかもしれませんね。

また、その長所が企業の風土や仕事内容にマッチしているかも重要です。
いかに効率よく仕事をこなすかが重視されている企業で、「体力と忍耐力に自信があります!」と答えても、あまりいい評価は得られませんよね。

「うちの会社で活躍してくれそうだ!」と思ってもらえる長所は企業ごとに違います。
自分のいいところをなるべくたくさん見つけて、企業と自分の長所をマッチングさせてみましょう。

印象の良い長所例

いいところをなるべくたくさん見つけると言っても、なかなか長所って浮かばないものですし、自分のいいところを言うのは少し照れくさいですよね。

しかし、面接ではそんなことは言っていられません!
転職活動は弱肉強食。誰かが受かれば誰かが落ちる世界です。

では、面接官から「雇いたい」と思ってもらえる長所とは、一体どんなものなのでしょうか?
自分に当てはまるものがないか探してみましょう。

 
面接で使える長所の例
  • 行動力がある
  • チャレンジ精神
  • 主体的に行動できる
  • 負けず嫌いである
  • 責任感がある
  • 体力に自信がある
  • おおらかで明るい
  • 気配りができる
  • 人見知りをしない
  • 継続力がある
  • 意思が強い
  • 努力を惜しまない
  • 計画的に行動できる
  • 協調性がある
  • ストレスに強い
  • 向上心があり、前向きである

ここで紹介したものは、あくまでも一般的に長所と呼ばれている行動や性格の一部です。

紹介したもの以外にも、人ぞれぞれに長所と言われる部分は必ずあります。
どうしても見つからないというときは、以下の方法を試してみましょう。

長所が見つからないときの対処法

なかなか当てはまる長所が見つからない。
そんなときにオススメなのが、短所から長所を見つける方法です。

長所はぱっと思いつかなくても、どういうわけか短所は何個も出てくるという人は多いのではないでしょうか?

言い換えの例としては、以下の様なものが上げられます。

 
短所と長所 言い換え例
  • 「優柔不断で判断に時間がかかる」
    ⇒「慎重に考えて行動できる
  • 「短気」
    ⇒「時間を大切にしている
  • 「頑固」
    ⇒「妥協しない
  • 「集中力が無い」
    ⇒「いろいろなことに興味を持てる
  • 「おせっかい」
    ⇒「面倒見がいい

ここで大切なのは、必ずしも短所=長所とは限らないということです。

先程、真の長所とは周りの人から見ても長所と言えるものだと言ったように、自分だけでなく相手にとっても何かしらの利益をもたらさないと、長所には変換できませんので注意しましょう。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

印象アップ!長所の選び方・伝え方

自分の長所がいくつかわかったら、あとは選び方・伝え方をマスターすれば完璧です!

まず、面接で伝える長所の選び方から見ていきましょう。

 
面接で言う長所の選び方
  • 仕事に関係したものを選ぶ
  • 仕事内容・社風に適しているかを考慮する
  • 他人から見ても長所と言えるものを選ぶ

仕事との関連性が見いだせないものや、社風・仕事内容に適さない長所は、面接で伝えてもイメージアップには繋がりにくいため、事前に企業研究をした上で選ぶことをオススメします。

また、最初に言ったように独りよがりの長所を伝えてしまうと、客観的に物事が見られないという印象を与えてしまう可能性があります。
その長所は本当に周りにとっても長所と言えるのか、家族や友人に相談しましょう。

伝える長所が決まったら、最後は伝え方ですね。

 
面接での長所の伝え方
  • 長所は1つでいい。話し過ぎはNG。
  • 結論→根拠の順番で話す
  • 根拠には具体的なエピソードを必ず入れる
  • 仕事でその長所をどう活かせるか提案する
  • 長所を活かした仕事への意気込みが入れられるとベスト

自分の良さをアピールしようと、いくつも長所を並べる人がいますが、それはNGです。
その仕事に一番あっている長所を1つ選んで、しっかりと根拠となるエピソードを示しながら伝えましょう。

辛かったけど乗り越えた経験や、この長所によって今まで頑張ってきたことなど、具体的な話ができるといいですね。

また、この会社に入社したらどのように長所を活かすかや、仕事への意気込みなどを伝えられると更に説得力が増します。
1つの長所を丁寧に説明しつつ、長くなりすぎないように伝えましょう。

長所の答え方Q&A

ここでは長所の答え方についてユーザー様から質問の多い項目について、ナコウドさんに答えていただきます。

どのくらい話せばいい?

何分くらいで話す練習をすればいいのでしょうか?
本番は雰囲気にもよりますが、練習の場合は時間は1〜2分程度でまとめる練習をしておくといいですね。

長所と短所はセットで話す?

長所を聞かれたら、短所も一緒に話すべきですか?
長所しか聞かれていない場合は、長所のみでいいですよ。ただ、短所を聞かれた場合は、最終的に長所にたどり着くように答えられるといいですね!

長所発見で自信もアップ

長所と短所は表裏一体とも言われますが、短所はすぐに思いつくのに、長所を考えて人に伝えるのは思った以上に難しいことです。

しかし、きちんと対策をして考えておけば、それほど難しい質問ではありません。

事前に自分の長所をしっかり整理して、企業の情報と照らし合わせることで、より強くアピールしていきましょう!

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU
転職ナビ公式アプリを使ってサクサク転職活動