JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 面接対策
  2. 「面接結果を早く知りたい!」落ち着いて待つために知っておくべきこと

「面接結果を早く知りたい!」落ち着いて待つために知っておくべきこと

JOBSHIL編集部
面接結果が出る日にちを気にする女性のイラスト
この記事のポイント
  • 面接の合否は、1週間以内に来るのが一般的
  • 結果の連絡がなくても、催促せずに待つのが基本
  • 厳し目面接は好感触、雑談面接は不合格の傾向がある(絶対ではない)

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

面接が終わっても、結果が来るまではなかなか落ち着けませんよね。
「もしかして…あそこでの応対が良くなかったのかな?」とダメだった部分を考え始めると不安は大きくなるばかりです。

今回は、面接の結果が届く時期や、遅くなってしまう理由など、面接結果についてのあれこれを詳しく説明します。

面接結果は1週間以内が多い

まず、一番気になるのが、面接の結果がどのくらいで来るのかですよね。
一般的には、合否の通知は1週間以内という企業が多いですが、合格の場合は面接の場で伝えられたり、終わった後にすぐ連絡が来るという場合があります。

不合格だと、1週間以上たってから連絡が来ることもありますし、結局連絡が来ないままという場合もあります。

しかし、中には1ヶ月後に合格通知が来たという人もいるので、なかなか面接結果の連絡が来ないからといって、不合格とは限らないのです。

面接の結果が遅くなる理由

1週間どころか1ヶ月連絡が来なかったのに、忘れた頃に合格通知が届く。
企業も早めに連絡したい気持ちはあるはずですから、遅くなってしまうのには理由があるはずです。

その理由は一体どんなものなのでしょうか?

面接結果が遅くなる理由
  • 社内稟議に時間がかかっている
  • 全員の面接が終わるまで待っている
  • 応募が予想以上に多かった
  • 評価良かった人から連絡している
  • 担当者が忙しい
  • すぐに不合格だと角が立つので少し時間をおいている

社員数が多い企業でよくあるのが、稟議に時間がかかっている場合です。
「課長に部長に〜」と沢山の人に稟議を貰わなければいけないとなると、「社長がOKなら!」という企業に比べればどうしても時間がかかってしまいます。
合格人数が少なかったり、応募者数が多い場合も、審査に時間がかかることや、全員の面接が終わるまで結果を出さないことが多いため、結果が出るまでに時間がかかることが多いです。

不合格の場合は、合格者に優先して連絡するので、どうしても返事は遅くなりがちです。
また、面接に来てすぐに「不合格です」と連絡しづらいため、少し時間を置くこともあるそうです。

合格・不合格に関係なく、結果が遅い理由というのはありますので、焦らず待ってみましょう。

中小企業では、担当者が複数の業務を担当していて、合格業務が思うように進まないという場合もありますね。

連絡が来なくても基本は待ちの姿勢

焦らず待てとはいっても、来ない結果を待ち続けるのは疲れますし、不安ですよね。
「結果はどうでしょうか?」と問い合わせたくなる気持ちもわかりますが、面接の結果については自分からは問い合わせないのが基本です。

しかし、他の企業から内定が出ている状態で結果を待ってもらっていたり、「5営業日中に連絡します」と期限の指定があったのに、その期限までに連絡がなかったりした場合は、問い合わせてもかまいません。
問い合わせる際は「なんで期限までに合否くれないのですか?!」と責めるような上から目線はNG!

謙虚な態度で以下のように聞いてみましょう。

面接結果の問い合わせ例文

先日はお忙しい中、面接のお時間をいただきまして、誠にありがとうございました。

○月○日の面接について、いつごろ合否の結果をいただけるかお伺いしてもよろしいでしょうか?
お忙しいところ、お手数をおかけしてしまい大変恐縮ですが、ご回答いただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。

連絡方法は電話またはメール(メッセージ)でかまいません。普段からやり取りをしている方法で聞いてみましょう。

面接から見える合否ポイント

合格・不合格は採用側にしかわかりませんが、面接の結果を待っている間は結果がどうなのか気になりますよね。

面接の雰囲気から合否を断定することは出来ませんが、「こういう面接は不合格(合格)のことが多い」といった傾向は見ることができます。

面接での合格サイン
  • 厳し目の質問が多い
  • 仕事内容について掘り下げて質問がある

「期待しているからこそ厳しく接することもある」というのはよくあることです。
厳し目の質問があったり、業務について具体的な話題が上がった面接は、好感触の場合が多いと言えます。

面接での不合格サイン
  • 事務的な対応
  • 短時間で終わる
  • 雑談しか無い穏やかな面接
  • 合否の連絡は書類でお送りしますと言われる
  • 次回以降の選考や今後のスケジュールについて説明がない
  • 面接後、採用担当者となかなか連絡がとれない

話が弾まないような事務的な対応であったり、短時間で終わってしまった面接については、自分でもなんとなく「ダメだったのかな…」と感じることはあると思います。

意外なのは、雑談しか無い穏やかな面接です。もちろん、穏やかなのは悪いことではありませんが、込み入ったことを何も聞かれていないのは、期待が薄いことの現れともとれます。

面接後のスケジュールや対応が曖昧であったりするのも、あまりいい傾向ではありませんが、どれも「絶対」ではありませんので、あくまで参考程度と考えておきましょう。

まとめ

面接の結果を待つ時間は不安ですが、面接後に焦っても結果が変わるわけではありません。

面接後にどうしても落ち着かないのであれば、面接のお礼メールを送ってみてはいかがですか?
面接の当日か、次の日の午前中までであれば、送ることで好感度アップが狙えます。
お礼メールについては以下の記事に詳しくまとめてありますので、ご覧ください。

あとは焦らず、連絡を待ちましょう。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU