JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 面接対策
  2. 基本から応用まで!失敗したくない人のための面接マナーガイド

基本から応用まで!失敗したくない人のための面接マナーガイド

JOBSHIL編集部
男性の求職者を面接する女性面接官
この記事のポイント
  • 面接マナーは見た目・態度を正すところから始まる
  • 面接後にほかの求職者と差をつけるにはお礼メールを送ること
  • 難しく考えすぎない。あなたのおもいやりがマナーに繋がる

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

「面接マナーで失敗したら…」と身構えてしまって、うまく対応できなかった経験はありませんか?
面接では、完璧に対応しなければと思えば思うほど緊張してしまいます。

しかし、覚えるべき面接マナーは実はそれほど多くないのです。

そこで今回は、面接で気をつけるべきマナーのポイントを紹介します。
実際の対応を想像しながら確認してみてください。

清潔感のある服装がベスト

新卒の時は、面接=リクルートスーツが基本でしたが、転職ではどうなのでしょうか?

転職活動では、新卒に比べて服装の選択の幅が広がります。
しかしその分、靴の色やスカートの形など悩みますよね。
以下に面接の服装のポイントをまとめましたので、あなたが着ていこうと思っている面接時のスタイルをチェックしてみましょう。

 
 
男女共通
  • 私服OKでも、迷ったらスーツ
  • スーツの際の靴は濃い目の色を用意
  • 革靴は綺麗に磨く
  • スーツの場合、結婚指輪以外のアクセサリーは外す
  • リクルートスーツは避ける
  • ビジネス用バッグを用意する
  • 香水などはなるべくつけない(体臭が気になる場合はデオドラントスプレーを使用)
  • 髪色は黒がベスト
  • 私服でも基本はジャケット着用

見た目も勿論ですが、きつい香水やタバコの臭いもマナー違反であることを忘れずに!
普段から慣れてしまっている臭いは自分では気づきにくいので、友達や家族に確認してもらうのもいいですね。

 
男性
  • スーツは黒・紺・グレーなどの濃い色で、無地か控えめのストライプを選ぶ
  • 奇抜な色・柄のネクタイは避ける
  • シャツは白のワイシャツを着る
 
女性
  • スカートスーツは迷ったらタイトスカートを選ぶ
  • インナーは白や薄めの色で、シャツやシフォン系がベスト
  • ネイルOKの場合を除いて、ネイルはピンクベージュの無地、フレンチなど落ち着いた色やデザインにとどめる
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
靴を磨く道具がないなら、新聞紙がおすすめです。カバンにも常備しやすいですし、コンビニで簡単に手に入ります。
実は結構、きれいになるんですよ!

面接用の服装については、こちらの記事で詳しく解説していますので、面接前にチェックしておきましょう。

スーツについて

私服について

会場に入る前から面接は始まっている!

面接会場近くに余裕を持って着いた時、カフェや駅で待つことがありますよね。
待ち時間はついつい気が抜けてしまいますが、実は、会場周辺についた瞬間から面接は始まっていると言っても過言ではないのです!

会社の近くは社員の方が食事や買い物をしていたり、営業の方が駅や周辺道路を利用したりすることもあります。
もし、乱れた言葉で電話している姿や、道端でポイ捨てしている姿を見られたら…想像するだけでもゾッとしませんか?

普段の生活でももちろんですが、会場周辺に近づいたら特に、誰に見られても恥ずかしくない行動を心がけましょう。

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
その他にも、面接前にタバコを吸ったり、臭いの強いものを食べたりするのは控えましょう。
最近は禁煙推奨の会社も増えていますし、特に接客業や営業職は臭いに敏感ですよ。

面接会場に入る前にチェック

面接会場の建物に入れば、受付の方と話をしたり、社員の方とすれ違ったりすることになります。
面接会場には10分前くらいに到着し、建物に入る前に落ち着いて身だしなみを整えましょう。

 
会場前の最終チェック
 
携帯電話はオフになっていますか?
 
マスクは外していますか?
 
コートは脱ぎ、裏地を表にしてたたんでいますか?
 
面接時間と担当者の部署・名前は覚えていますか?

意外と難しいのがコートのたたみ方です。
以下の手順を参考に裏地を表にし、きれいなたたみ方でポイントアップを目指しましょう。

コートのたたみ方
  1. 肩の部分を内側から持つ
  2. 手のひらを返して、裏地を外側に
  3. 片手で持ち直して、もう片方の手をコートの真ん中に添える
  4. 真ん中に添えた手にコートをかぶせるように折り返す

コートをスマートにたたんで見た目を整えたら、建物の中へ入ります。

受付対応・控室で気をつけること

受付をするタイミングは、約束の5分前を目安にしましょう。
受付カウンターには人がいる場合と、電話のみ置かれている場合がありますが、どちらも伝えることは変わりません。

受付対応は、このように言うことができれば問題ありません。
受付で伝えるべきことは以下の3つです。

 
受付で伝えること
 
何時からの面接なのか
 
担当者の名前
 
自分の名前
お忙しいところ恐れ入ります。本日〇時からの面接で参りました、〇〇と申します。〇〇部の〇〇様にお取り次ぎをお願いいたします。
求職者さん

受付対応は、このように言うことができれば問題ありません。

受付が済んだら、案内があるまでその場で待つか、控室・面接室に通されるでしょう。
しかし、人目が無いからといって油断は禁物です。
足を組んだり、携帯を見たりは言語道断!
待っている間も背筋を伸ばして、誰に見られても恥ずかしくない態度で待ちましょう。

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
待っている間に他の求職者とすれ違った場合は、会釈程度ですませましょう。
濡れた傘を持っている場合は、受付の方や迎えに来た担当者に「このまま持ち込んで大丈夫か」を確認してみるといいですよ。

入室時のマナー

いよいよ、面接本番です。
ここからは入室から順を追って確認してみましょう。
まず、面接室に入る前から着席までに気をつけるべきポイント3つを紹介します。

①入室方法

企業側の担当者が扉を開けてくれる場合は、「失礼します」と言いながら入れば大丈夫です。
気をつけたいのが、面接室に自分1人で入室する場合。
ノックを3回した後に「どうぞ」と声をかけられたら、「失礼します」と言い入室しましょう。

②座る場所

既に面接官が座っている場合や、席を指定された場合は指示通り座ればいいのですが、何も指示が無い時はどうしたら正解なのでしょうか?
たとえば以下のような座席図の場合を想像してみましょう。

座席図

ビジネスシーンでは、立場が上の人ほど部屋の奥に座るというのがマナーです。
つまり、一番偉い人が①の上座へ、一番立場が下の人は④の下座に座ります。
座席の指定が無く「座ってお待ち下さい」と言われたら、④の一番扉に近い位置に座って面接官を待ちましょう。

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
ちなみに、面接官が先に座っている場合などは、①に通されることが多いんです。
これは面接に来た方=お客様と捉えているためだと言われています。
上座をすすめられた場合は、「ありがとうございます、失礼します」と言って、上座に座りましょう。

③面接官入室

最後の注意点は面接官が入ってきた瞬間です。
面接官が後から入室してくる場合は、扉が開くとともにもう1度立ち上がり挨拶をしましょう。その後、面接官から「お座りください」と言われたら座ります。

面接中のマナー

面接中は姿勢に気をつけて、しっかりと面接官の目を見て応対をしましょう。
椅子に少し浅め腰掛け、背筋を伸ばし、手は太ももの上に添えます。

足を組んだり、椅子にもたれかかると偉そうなイメージを与えてしまいますので、絶対にしないように!

逆質問のマナー

企業側からの質問が終わると、最後に逆質問の時間があります。
あなたが自由に質問できる時間ですが、逆質問にもマナーがあることを知っていますか?
質問によっては、評価をアップできる可能性もあるので、マナーを守って質問しましょう。
逆質問については以下の2記事に詳しくまとめていますので、ご覧ください。

退室時のマナー

逆質問が終わると大抵の場合、面接は終了です。
もう部屋を出るだけですが、最後まで気を抜かずに行動しましょう。

まず、面接官が「面接は以上です」など、終了の合図を出しますので、「本日はお時間をいただき、まことにありがとうございました」とお礼を言い、座ったまま一礼します。
その後は面接官の行動によって対応が変わります。

 
面接官がその場に残る場合
  1. 席を立ち「失礼します」と言った後、深めの礼
  2. ドアの前で、面接官側に向き直り、最後に一礼をして退室
 
面接官が一緒に部屋を出る場合
  1. 面接官が一緒に部屋を出る場合は、面接官と共に席を立つ
  2. 面接官の指示に従い、出口・エレベーターへ向かう
  3. エレベーターに乗ったら、扉が閉まる前に「本日はありがとうございました」と伝える
  4. その後、扉が閉まるまで礼を続ける

退室について更に詳しく知りたい場合は、以下の記事をご覧ください。

言われてみれば迷うかも…面接マナーQ&A

ここでは、「面接マナーとしてわざわざ調べたりはしないけれど、面接中にちょっと戸惑うかも…」などといった、ささやかな疑問を解決していきます。

面接でお茶を出された

面接で出されたお茶って飲んでいいのでしょうか?
飲むとしたらどのタイミングで飲むのが正解ですか?
求職者さん
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
基本的に、出されたものには口をつけたほうがいいですね。
タイミングについても「お茶をいただいてもよろしいでしょうか?」と言えば、相手も不快には感じないでしょう。
オススメは「お茶をどうぞ」と言われたときに、飲む方法です。一口飲んでしまえば、その後も飲みやすくなりますよ。

お土産を渡された

帰り際に自社製品を渡されました。本当に持ち帰っていいのでしょうか?
求職者さん
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
相手の好意は素直に受け取りましょう。
今後も面接や内定後面談が控えているのであれば、使用した感想などをまとめておくと、次に会うときの会話のネタになりますね。

面接室を出たら聞きたいこと思い出した

面接が終わった瞬間に、聞きたかったことを思い出していまいました。エレベーターまでの雑談中に聞いていいですか?
求職者さん
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
「1点、お伺いしてもいいですか?このタイミングですみません。」と伝えてから話し始めれば、問題ありません。 ただ、担当者にも次の予定がありますから、長く引き止めるようなことはやめましょう。 面接室から出た後も、謙虚な態度が大切ですよ!

お礼メールで最後のひと押し!

面接が終わったら、後は結果を待つだけ…と気を抜いていませんか?

ほかの求職者と差をつけたいなら、面接のお礼メールを送ってみましょう。
送ることが必須ではありませんし、直接合否に関係することはほとんどありません。
ただ、採用担当者が同じレベルの求職者2人で迷っている場合、最後のひと押しになる可能性はあります。

お礼メールの書き方や送り方などは以下の記事にまとめてありますので、面接前に一度目を通してみましょう。

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
お礼メールは当日に送るようにしましょう。
時間がたちすぎると、逆に面接官の印象を悪くする可能性が高いですよ。

とはいえマナーは思いやり

ここまで面接マナーのポイントをお伝えしてきましたが、基本的にはマナーは暗記するものではありません。
面接でのマナーとは、目の前の相手が気持ちよく過ごせるよう気を配ること
つまりはマナー=思いやりなのです。
相手も自分も気持ちよく過ごすためにはどうしたらいいかを考える。
マナーの基本は、子どもの頃に習ったようなシンプルなことなのです。

あなたの思いやりで、面接が素敵な時間になることを祈っています!

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU