JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. 転職
  2. 損せずスムーズに退職するために知っておきたい3つのタイミング

損せずスムーズに退職するために知っておきたい3つのタイミング

JOBSHIL編集部
退職のタイミングに迷っているビジネスマン
この記事のポイント
  • 「退職時期」「告知時期」「告知時間」3つのタイミングを見極める
  • 繁忙期と仕事の区切り、ボーナスの時期を意識して退職時期を考える
  • 伝えるのは、退職日の1ヶ月以上前に余裕を持って伝える

目次

登場人物紹介

キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
キャリアアドバイザー(転職ナコウド)
転職サイト「転職ナビ」のキャリアアドバイザー。優しく、時に厳しく、丁寧なアドバイスで求職者さんをサポート。
求職者さん
求職者さん
初めての転職で不安いっぱい。優柔不断で、引っ込み思案なのを気にしている。アドバイスを基に、転職成功をめざす!

退職するとなったら、あなたはどんなことを気にしますか?

「周りに迷惑をかけたくない」
「なるべく金銭的に損をせず、辞めたい」
「なるべく円満に退職したい」

周りに迷惑もかけたくないけど、損もしたくない。欲張りなように見えるかもしれませんが、当たり前のことですよね。

そこで今回は、周りへの配慮もしっかりしつつ、損を最小限におさえて退職するための3つのタイミングをご紹介します!

退職では3つのタイミングを見極めよう

スムーズに退職をするためには、3つのタイミングが重要です。
この3つを気にせず退職をしてしまうと、トラブルの原因となったり、損をしてしまうかもしれません。

退職で重要な3つのタイミング
  1. 退職時期
  2. 告知時期
  3. 告知時間

退職時期はどの時期に退職をするか、告知時期はどのタイミングで伝えるか、告知時間は何時くらいに伝えるかということです。

しかし、どれも「このタイミング!」とパッとは答えられませんよね。
ここからは、それぞれにどんなタイミングがベストなのかを見ていきましょう。

損しない!円満退職しやすい退職のタイミング

退職の時期については、有期雇用で契約期間が決まっていなければ、守らなくてはいけない決まりはありません。
しかし、時期によっては引き継ぎに手間取ったり、今まで働いてきた分の報酬が受け取れず損をしてしまったりすることも。

より良い退職のタイミングを考える時に気にしたいこと、それは「繁忙期」「仕事の区切り」、そして「ボーナスの時期」です。

繁忙期は避ける

アパレル販売ならバーゲンの季節、不動産なら2月3月など、各業界には特に忙しい繁忙期というものが存在します。
この時期に退職をするのはあまりいい顔をされませんので、できれば繁忙期は避けましょう。

仕事の区切りがいい時期に辞める

大きなプロジェクトや任された仕事を途中で抜けるというのは、次の転職の際にもあまり良いイメージを持たれません。
できれば、仕事の区切りがいい時期まで頑張ってから退職したほうが、転職の際にアピールしやすいですね。

ボーナスの時期を考慮する

忘れがちなのがボーナスの時期です。
ボーナスは、それまでの頑張りに対してという意味が強いですから、せっかく頑張ったのにもらわないなんてもったいないです!

しかし、ボーナスをもらってすぐ辞めると、ボーナス目当てみたいでイメージが良くないですよね。

ボーナスを貰った上でイメージも悪くせず退職をしたい場合は、ボーナスを貰ってから退職願を出し、1ヶ月半〜2ヶ月程度の余裕を持った引き継ぎ期間を用意するようにしましょう。

Q&A

繁忙期が8〜10月、ボーナス時期が6月末の予定です。ボーナスは貰いたいけど、貰った後に退職願を出すと、繁忙期にかぶってしまいます。 どうしたらいいですか?

上記はあくまで「そうしたほうがいい」程度のものなので、ときにはどちらかを諦めることも大切です。そして、ボーナスをとるか円満退社をとるかは、あなたの考え方次第です。
今後も仕事で関わる可能性がある場合は、ボーナス前に退社して早めに転職先に勤め、次のボーナスに期待してもいいですね。

もちろん、体調や家庭の事情でこういったタイミングまで待つことが難しいのであれば、できるだけ早めに退職を申し出ましょう。

退職意思の告知は余裕を持って

二つ目のタイミングは、退職の意思を伝える時期です。

雇用期間に定めのない社員(正社員)の場合は、法律上2週間前に伝えれば退職することができますが、実際の会社でそれをやってしまうと、同僚や上司にたくさんの迷惑をかけることになってしまいます。

また、企業によっては就業規則という会社の法律のようなものが定められていることがあり、そこには「退職日の1ヶ月前までに申し出る」などの決まりが書かれていることも。
緊急時以外は就業規則に従い、退職の意思を伝えましょう。

雇用期間に定めのある契約社員については、原則契約期間の終了時に合わせて退職します。
ただ、体調の悪化や家庭の事情により緊急を要する場合は、すぐに上司に相談し契約途中で退職させてもらえないか聞いてみましょう。

もう一つ注意したいのが、有給を消化して退職したい場合です。
有給が何日残っているのか確認した上で、休暇の日数分、早めに伝える必要があります。

十分な引き継ぎ期間を伝えることによって、引き継ぎのトラブルなどを最小限に抑えることができます。

引き継ぎ期間は1ヶ月〜2ヶ月ほど用意しておくと安心ですよ。

朝はNG!?退職を伝えるベストな時間

最後の一つは、退職を伝える時間です。
忙しい時間帯は避けたほうがいいというのはわかりますが、その他にも気をつけたい点がいくつかあります。

まず、午前中は避けましょう。仕事が忙しい時間帯であることはもちろんですが、朝一で退職を申し出てしまったら、上司もその日一日気を使いますし、あなた自身も居づらいはずです。

オススメのタイミングとしては、昼休みや夕方以降の人の少ない時間帯です。
たとえば、18時退社なら「18時から少しお時間いただけますか?」と事前に伝えて上司にアポを取り付けておくと、安心ですね。

スムーズな退職の方法

時期はもちろんですが、スムーズに退職するためには、上手な伝え方や、退職の手順や手続きを知っておく必要があります。

以下の記事に、伝え方から各種手続きについてが記載してありますので、一度、目を通しておきましょう。

まとめ

今回は、退職時に大切な3つのタイミングについてご紹介しました。
損をしない、円満に退社したいというのは誰しも思うことです。あなたの状況にもよりますが、なるべくいい条件で退職ができるよう、事前にしっかり考えてから退職を伝えましょう。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU