転職ナビ

【 無料 】 業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト

まずは会員登録

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. VISIONARY
  2. 株式会社ウィナス 浜辺拓 顧客の課題を「可視化」し、新たな価値を見つけだす

株式会社ウィナス 浜辺拓 顧客の課題を「可視化」し、新たな価値を見つけだす

JOBSHIL編集部
株式会社ウィナスの代表と企業ロゴ
株式会社ウィナスの代表のプロフィール写真

株式会社ウィナス
代表取締役社長
浜辺拓

大学卒業後、光通信勤務を経て、株式会社ザッパラスへ転職。サービス企画、財務分析を経験後、ソリューション営業部にて統括部長としてザッパラス初のB to B事業の立ち上げに関わる。この経験からソリューションビジネスの普遍的成長と可能性を感じ、2004年2月に株式会社ウィナスを設立。IT分野をはじめとする、幅広いトータルプロデュース事業を展開している。
生年月日: 1976年 出身: 北海道 出身校: 日本大学

もっと読む

※この記事は「2014/07/18」に「ビジョナリー」に掲載されたものを、JOBSHILに転載しております。

起業の目指されたきっかけとは?

大学の就職活動中、やりたいことがなくて、適当に就職活動をやろうとしている自分に気づき、「自分は将来、どうなりたいのか?」ということを真剣に考えました。

そして、辿りついた答えが、「偉くなりたい」というシンプルなもの。だったら、社長になるしかないと思い、いずれ起業することを前提に就職活動をするようになり、光通信に就職しました。

その後、新規事業の立ち上げをする人材を探しているということでザッパラスへ転職。そこでソリューションビジネスに出会い、その可能性に惹かれて、自分が起業するなら、この分野だと思い、自分で会社を立ち上げました。

御社の事業内容をお聞かせください。

よく「何をやっている会社?」と聞かれることがあるんですが、そんな場合は「ソリューションを軸にしたトータルプロデュース会社」と答えています。

具体的には、スマホやタブレットサービスを用いた販促や生産性のアップなどを提供し、クライアント様の課題や問題をITで解決するお手伝いをしています。

お客様のなかには、その問題点に気づいていないケースもありますので、分析やリサーチによって現行の問題や課題を可視化し、コンサルから開発、マーケティングまでワンストップのサービスによってさまざまなご提案をしています。

ワンストップで行う理由は、高いサービスが提供できることと、データを社内で蓄積することによってビッグデータといったビジネスで有益な情報を資産として保持できること。それらを元に、さらにお客様に喜んでいただけるサービスをご提案しています。

起業後、ピンチを迎えられたことはございますか?

会社を設立してすぐに、資本金1,500万円のうち1,300万円をある事業に投資し、それがうまくいかず、設立2ヵ月にして、残金が50万円を切っていました。当時社員6名でやっていましたので、これはつぶれてしまうと。

もちろん自分の給与はゼロで、個人的に借入を行ったりして、とにかく動くしかないと走りまわっていました。そんな時、大手飲料メーカーのポッカさん(現、ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社)からメルマガの仕事をいただくことになったのです。

ただ、メルマガの料金は月1本で2万円。ライターさんに仕事をお願いすると、ほとんど当社の利益は出ない状態。けれど、これはポッカさんとつながりがもてる、またとないチャンスだと捉え、何度も何度もソリューションに関する提案を行いました。

ポッカへの企画提案の反応はいかがでしたか?

正直、最初はまったく相手にされていませんでした。

それでも、WEB戦略や顧客の囲い込みといった提案を繰り返し、次第に聞いてもらえるようになり、顧客囲い込み施策のお仕事をさせていただけるようになり、年間数千万円を超えるお取引をさせていただきました。

月に1本のメルマガがご縁で、ポッカさんのような大手メーカーのCRMを担当できるようになると、その実績がかわれて、他社からも次々にお声をかけていただけるように。気づけば、1年目は赤字で日々営業をかける毎日でしたが、2年目からは黒字となり、営業をかけずともお仕事をいただけるありがたい経営状態になりました。

「売上げ」についてどうお考えでしょうか?

健全な経営を行う上で、売上げ目標はいくらで、利益はいくらということは想定していますが、あまり数字は重視していません。それは、会社を大きくするというよりも、強い会社にしたいと考えているため。ウィナスでなくてはできない、そう思っていただける意義ある仕事を続け、価値あるものをご提供したいと思っています。

当社の存在意味をより強固にしていくためにも、設立3年目には新卒採用をスタート。ものづくりへの想いを共有しながら、人材を育てていきたいと考えています。そして、会社は社員もの。社員がやりたいと思ったことを思いきりやれる環境をつくり、新しい価値を作り上げていくのが目標です。

今後の展開を教えてください。

当社は今年で11期目。10年というひとつの区切りを終え、新たなステージに立ったばかりです。前の10年で、ソリューションサービスをトータルでご提案するというベースは出来上がったので、今後は広告収益に頼るのではないメディアづくりに注力していきたいと考えています。

また、これまで行ってきたプロデュース業についても、リアル店舗に対する集客サポート、WEBとエンドユーザーをつないでビジネスを活性化するご提案などを行うのが目標。そのためには、リアルな店舗、現場での検証が必要になり、それに対応できる人材の確保や教育なども必要になってくるはず。それらをトータルにご提案することで、クライアント様のビジネスに貢献したいと思っています。

「起業」に関してのお考えをお聞かせください

起業は絶対にした方がいいとは思いませんね。ただ、どんな働き方を選んだとしても、自分がどうなりたいのかという気持ちは、あいまいでもいいのでもっておくべきかと。

たとえば、お金持ちになりたい、モテたい、世の中を変えたい、あるいは不満や悔しさなど、何でもいいんです。自分の気持ちに正直に、それを実現したり、改善するにはどうしたらいいか、そんな気持ちで仕事をして経験を積めば、実力や人脈、やりたいことは後からついてくるものだと思います。

当社の社員にも「経営者の視点をもちなさい」とよく話していますが、自分が経営者だったらどうするか? 常にそう思いながら意思決定していくことは、価値ある仕事をする上でとても大事なことだと感じています。

一緒に働く仲間はどんな人が良いですか?

開発や営業など、求められるスキルを一定以上もっていることは当たり前ですが、それ以上に重視するのが人間性ですね。素直、謙虚でありながら、自分の意見をきちんともっていることが大切。

みんながYesだから、自分もYesという人ではなく、素直に自分はこう思う、こうしたいということを伝えられる人を求めています。

当社は、社員や社長関係なく、自分の思ったことはきちんと伝えるのが当たり前。そのため、私自身が社員からストレートに意見されることも、普通にあります。そんな風通しのいい状態が私にとっては心地よく、これからも大切にしていきたい当社の文化です。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU
転職ナビ公式アプリを使ってサクサク転職活動