JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. VISIONARY
  2. KAIZEN platform Inc. 須藤憲司 世界に通用するWEB改善サービスを提供

KAIZEN platform Inc. 須藤憲司 世界に通用するWEB改善サービスを提供

JOBSHIL編集部
KAIZEN platform Inc.の代表と企業ロゴ
KAIZEN platform Inc.の代表のプロフィール写真

KAIZEN platform Inc.
Co-founder&CEO
須藤憲司

1980年4月、福島県生まれ、東京育ち。2003年、早稲田大学商学部卒業後、株式会社リクルートに入社。同社のマーケティング部門、新規事業開発部門を経て、アドオプティマイゼーション推進室を立ち上げた。株式会社リクルートマーケティングパートナーズ執行役員で活躍の後、KAIZEN platform Inc.を創業。
生年月日: 1980年 出身: 福島県 出身校: 早稲田大学

もっと読む

※この記事は「2013/12/13」に「ビジョナリー」に掲載されたものを、JOBSHILに転載しております。

提供されている『planBCD』とは、どのようなサービスですか?

WEB画面(UI)のどちらがよいか、どちらがユーザーの反応を的確に引き出せるかを調べるA/Bテストが驚くほど簡単にできるツールです。

たとえば、商品販売(EC)サイトで、購買・会員登録の動向を左右するユーザーインターフェイス(UI)はA/B案のどちらがいいのかを比較する、デザイン変更・テキスト変更が極々簡単にできるようになっていて、新案を比較してみるといった作業が、webサイトにわずか1行のJavaScriptのタグを貼っていただくだけで可能になります。

UIの改善には時間と手間がかかることを、私自身の経験からも痛感していました。エンジニアやデザイナーは常に人材不足に陥っているので、ここをソフトウェアで解決しようと、『planBCD』を開発しました。

サービス提供を始めて3カ月、大手企業約20社から長期契約で、計2億円以上の受注をいただきました。創業以来、月次の平均成長率は2.5倍といった勢いです。

ECサイトの商品一覧からカートへの遷移率を48%改善、旅行予約サイトの会員登録数(CVR)を60%改善、比較サイトの資料請求率(CVR)を35%改善といった成果を上げています。

生い立ちから創業に至る経緯を教えてください

母の実家がある福島県で生まれて、東京で育ちました。

起業に至った経験の中には、父が山一證券に勤めていたことから、中学時代に倒産を身近にみて、「会社員なら安泰ということはないんだな」と思ったことも、ひとつのきっかけになっているかもしれません。

大学卒業後は株式会社リクルートに入社して、10年間勤務。

同社のアドオプティマイゼーション推進室立ち上げ、その後分社化した株式会社リクルートマーケティングパートナーズでは執行役員と、責任ある立場に抜擢されたのは光栄でもあり、恵まれていました。

うち7年はIT関連の仕事で、米国シリコンバレーやニューヨークと、本場の人たちと仕事ができたことがいい刺激になり、世界とダイレクトにつながって「世界と仕事をするのは面白いな」と思うようになっていました。

ベンチャーは20代の若手の起業が目立ちますが、30代前半の今だからこそ、経験・人脈を生かした大人の仕事ができます。

自身の考えるITサービス企画で、「世界に通用するか挑戦したい」という思いと、与えられた組織の中にいては、最終的な責任が取れないと感じたことから決断に至りました。

わずか1行を貼り付けるだけ…というサービスは創業当初からの構想ですか?

「世界に通用するサービスとは何か?」から考え始めて、私自身が営業やプロダクトの立ち上げを10年経験してきた中で困ったこと、自分以外にも困っている人がいることを突き詰めて、『planBCD』の構想を考えていきました。

独立を考え始めた2012年末の段階では、漠然と「できるだろう」という感触を持っていただけです。

サービスのプロトタイプ(原型)は、エンジニアと2人で創りました。
エンジニアは現在15名いますが、いずれもエキスパートで、うち4名はCTO(最高技術責任者)の経験者と、極めて恵まれたスタートです。

動きを重くしないためには…、コストをリーズナブルにするには…、トラブルの解決にと、地道な努力を重ねて、常にブラッシュアップしていますし、改善に終わりはないと考えています。

職場環境は?

インターンなどを含めて、スタッフは現在23名、新規募集もしています。

エンジニアがエキスパートばかりなので、マネージメントが不要で、自由な職場です。

在宅OK、新宿、恵比寿、相模原、大阪、インドネシアのバリと、働く場所はそれぞれで、国籍もいろいろ。スウェーデンのインターンや南米のデザイナーもいます。

米国法人としてスタートしたので、共通言語は英語と日本語、今後も多国籍チームを目指していきます。求めている人材は、スキルが高く、WEBサービスがよりよくなることを常に渇望している向上心を共有できる人です。

創業から半年ですが、今後の展開は?

今月(2013年11月)から個人・中小零細企業向けのスモールプランの営業をWEB上で始めます。

『planBCD』は、リーズナブルに利用できることも利点のひとつです。競合企業・サービスの20分の1から4分の1にコストを縮小できるでしょう。

A/Bテストは、現在、WEBとスマホで利用いただけますが、E-mailや動画にも需要はあるので、サービス領域を拡大していきます。

また、利用エリアもグローバルです。『planBCD』は、もともと英語版のサイトから始まっていますし、ベンチャーのプレゼン大会でも高い評価をいただき、韓国、台湾などアジアの企業からの問い合わせも出てきています。

座右の銘は?

「Do or Die」です。
人生は短い。「本当にやりたいのか?」、やらずに死んで後悔しないかを考えます。

お客様のご要望にも「今はできません」と申し上げざるをえないこともあります。チームの人数・時間・金が限られた中で、本当にできることをするために大切な選択だと考えています。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU