転職ナビ

【 無料 】 業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト

まずは会員登録

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

JOBSHIL [ジョブシル] 転職に役立つノウハウメディア

Powered by

  1. VISIONARY
  2. アレックス株式会社 辻野晃一郎 日本を世界に発信するプラットフォーマーに

アレックス株式会社 辻野晃一郎 日本を世界に発信するプラットフォーマーに

JOBSHIL編集部
アレックス株式会社の代表と企業ロゴ
アレックス株式会社の代表のプロフィール写真

アレックス株式会社
代表取締役社長兼CEO
辻野晃一郎

1984年、慶応義塾大学大学院工学研究科を修了し、ソニーに入社。1988年、カリフォルニア工科大学大学院電気工学科を修了。VAIO、デジタルTV、ホームビデオ、パーソナルオーディオ等のカンパニープレジデントを歴任した後、2006年3月にソニーを退社。翌年、グーグルに入社し、その後、グーグル日本法人代表取締役社長に就任。2010年4月にグーグルを退社し、同年10月、アレックス株式会社を創業。2011年6月よりKLab株式会社社外取締役。2012年4月より早稲田大学商学学術院客員教授。6月よりAOI Pro.社外取締役。
生年月日: 1957年 出身: 福岡県 出身校: 慶応義塾大学大学院

もっと読む

※この記事は「2014/02/27」に「ビジョナリー」に掲載されたものを、JOBSHILに転載しております。

起業のきっかけと思いをお聞かせください

「日本を何とかしたい!」という思いで、2010年10月にアレックスを起業しました。
当時は民主党政権で、東日本大震災以前でしたが、デフレ、円高が続いていて、2008年のリーマン・ショック以来、日本社会は真っ暗でしたから。

私がかつて働いていたソニーをはじめとする日本の製造業は、20世紀に急成長を遂げ、made in Japanが世界へ躍進しました。
しかし、その後は低迷するばかりで、日本の存在感は薄れています。

一方、ITによって急激に変化している社会で、Googleはあっという間に世界を席巻しました。
Googleにも身を置いて、いろいろと学ぶことも出来たので、今度は「日本の元気を取り戻したい」と、使命感を抱いています。

「日本の元気を取り戻す」方法とは?

目指しているのは、日本を世界に発信するプラットフォーマーになることです。

ITのテクノロジーを使って、成熟国家・日本の持つ文化、食文化から伝統工芸や中小零細企業のモノ作りの力が生み出すモノ・コト・ヒトを発信しています。

経産省が推進している「クール・ジャパン」、日本の文化・産業を世界へ進出させる政策に近いでしょうか。

アレックスのサービス内容をお聞かせください

2011年7月、オンラインコマースサイト「ALEXCIOUS」をオープンしました。
日本の優れた商品を販売し、十分に知られていない日本の価値、サービスを含めたモノ、ヒト、文化を世界に紹介する新たなメディアです。

世界の共通言語となっている英語で立ち上げ、日本語、中国語(簡体字/繁体字)、タイ語へと広げています。

決済手段もPaypalを採用するなど、グローバル標準で組み立てています。
販売する商品はすべてに目を通して厳選しているので、当初は30品からスタートして、現在は、2000点。世界40カ国で購入されています。

「ALEXCIOUS」には、現在、インテリア、テーブルウエア、テック、おもちゃ、ヘルス&ビューティなど9つのカテゴリーがありますが、商品点数、カテゴリー数ともに増やしていきます。

アレックスには「COUNTDOWN」というサイトもありますが…

2012年9月、クラウドファンディングの「COUNTDOWN」をオープンしました。

こちらは「日本から世界へ挑戦するヒトを応援する」ためのサイトです。

例えば、「日本が誇る『浪曲』を世界へ! 浪曲師・春野恵子がNY講演にチャレンジ!」は目標金額300万円を大きく超えて約560万円の支援を受け、浪曲を英語にして、この3月に初めてのNY講演に挑みます。

期間限定で集金の成否を問い、成功率は70%と高水準です。

「COUNTDOWN」は資金を集めて終わりではなく、チャレンジを実現し、応援する人々に約束のリターンを届けるまで“全力支援”が信条なので、私の友人・知人を中心に、個人および企業の「助っ人」を置いています。
チャレンジするヒトがSOSを出した時に機能します。

失敗談はありますか?

それは、失敗ばかりですよ(笑)。思ったようには進みません。
サイトもリニューアルを繰り返しています。失敗したからわかってきたこともたくさんあります。

江戸時代のテイストのまま、日本で売れないモノは世界でも売れません。伝統の技術に今のセンスを取り入れて、新しい商品を生み出す企画も進めています。

現在、社員は5名、全員で世界に紹介したい商品を探しています。作り手からのアプローチも増えてきました。

今後の展開をお聞かせください

日本には、日本人しか知らない優れた素材やモノがたくさん存在します。
モノづくりの国と言うように、創ることは上手いのに、それを知らしめること=ビジネスのプロデュースが下手です。

ならば、アレックスがそのプロデュースを担おうじゃないか、と。
日本の強み、ヒトを資金面でも販売面でも支援し、個人レベルの作り手の才能をITによって開花させ、世界へ発信していく事業を展開しています。

例えば、アートをオンラインで販売することにもチャレンジしていきます。
クール・ジャパンが功を奏してか、昨年(2013年)は、富士山のユネスコ世界文化遺産登録、オリンピックの東京招致、日本食のユネスコ世界無形文化遺産登録とムードは盛り上がりました。
が、世界に進出し始めた日本酒をワインレベルにまで広めていくには時間が掛かるでしょうし、まだ始まったばかりです。

座右の銘は?

「賢く考えて、愚直に実行する」かな。愚直に実行するだけではダメ。
「いいモノさえ作っていれば認められる」だけでは、浮上できません。
プラットフォームを用意して展開を図ることだと考えています。

チャレンジするヒトが日本から出ることが必要だと感じています。
アレックスは、出る杭を探して育てる、応援したい人を増やす環境づくりを進めていきます。

無料業界最大級・祝い金つきの転職求人サイト
掲載企業のロゴ

就職・転職を成功された方に、もれなく「転職祝い金」をお支払いします。

会員登録(無料)

関連する記事はこちら

CLOSEMENU