田中科学機器製作株式会社の転職/求人情報

会社情報

田中科学機器製作株式会社のロゴ
設立 1892年05月 代表者 下平克彦 従業員数 35人
事業内容 ~石油製品を扱うすべての関連施設にソリューションを提供~ 石油・石油化学分野の品質管理・工程管理用自動試験器を中心とした専門メーカー 石油の引火点(揮発物質の蒸気が炎等によって引火する最低温度)や 燃焼点(液体可燃物が燃焼を持続できる最低液面温度)を調べる 自動引火点試験器において国内シェア率トップクラスを誇る。 内蔵されたマイクロコンピュータの制御により試験法規格に忠実に試験が行わ れるため、 誰でも簡単な操作によって信頼性の高い結果を得ることができるのが特徴。 日本大手の石油精製や石油元売等関連企業の多くがメインクライアント。 アメリカ・ロシア・韓国・イラク・中国などの海外クライアントとの取引も多く、 全売上の約80%が輸出によるもの。 産油国における原油採掘、製油所での石油精製、石油製品の売買や貯蔵など、 流通工程における品質試験は各箇所で発生し、試験項目は多岐にわたる。 その一連の品質試験を担うのが当社の製品群で、引火点試験器をはじめ、 蒸留・流動点・蒸気圧・硫黄分など幅広いラインナップを誇る。 ~アットホームな環境~ 残業はそれほど多くなく、有給休暇率も高い。 上層部のワークライフバランスに対する理解も深く、 子育て世代には優しい労働環境を整えている。 ~新たな製品、新たな価値を生み出してきた歴史~ 当社の創業は1892年で、120年以上にわたり国内における 技術水準の向上、工業の発展に貢献。 創業時は欧米の科学機器の輸入販売からスタートし、 並行してそれらの科学機器の国産化を進め、 国産第一号の本格的量産顕微鏡を完成した歴史を持つ。 戦後からは石油試験器の開発・製造に特化し、 1965年にはリレーやタイマー等を用いることで 石油試験器の自動化に成功。その後機種も増やし、 国内におけるトップメーカーとして地位を確立。 そして、1976年には世界で初めてマイクロコンピュータを 内蔵した石油試験器を製品化し、試験器の利便性を飛躍的に向上させた。 この頃より、海外に向けた製品販売も開始し、 いち早くグローバルな展開をすすめ、 年間100~150億といわれる石油自動試験器の 世界マーケットの10%程度を占めるまでに成長、 近年も北米等を中心に順調に事業拡大を続けている。
事業所 東京都足立区綾瀬7-10-3

田中科学機器製作株式会社の正社員・契約社員の採用情報は、現在掲載停止中です。

過去に募集のあった求人は、営業 / 事務・経営管理 / 技術(電気電子・機械・半導体)などで、勤務地は東京都。

募集再開時にいち早く情報を知りたい、あるいは田中科学機器製作に似た企業の求人案件を効率的に探したい方は、まずは無料会員登録(カンタン60秒)。あなたに最適な求人が届きます。

※この会社概要は、求人掲載時の内容です。最新の会社情報とは異なる可能性がございますので、ご注意ください。

まずは無料会員登録(カンタン60秒)。あなたに最適な求人が届きます。

該当する条件の求人情報が見つかりませんでした。

検索条件を広げて、再度検索を行ってください。新たな求人にめぐりあうチャンスです。