栃木県のケアマネージャの求人特集

介護のお仕事特集

ケアマネージャの仕事とは?

ケアマネジャー(介護支援専門員)の主な仕事は、必要な介護サービスをまとめるケアプランの作成を行い、必要な事業所と要介護者・ご家族の連携を担うことです。
ケアプランを作成するだけではなく、それに伴う利用者宅への訪問や事業者との調整などを行なうため、外出も多い仕事です。
ケアマネジャーになるためには介護福祉士などとして経験を積んだのちに、介護支援専門員の資格を取得する必要があります。
資格の取得には、都道府県が実施している介護支援専門員実務研修受講試験の合格と、介護支援専門員実務研修の受講、レポート提出が必要です。

7件 1〜7件目を表示

1 / 1 ページ
仕事内容
株式会社やさしい手の転職/求人情報

≪ケアマネジャーの仕事内容≫

《ケアマネジメント》
?ケアマネジャーは、ご利用者お一人おひとりの困りごと、ご希望、意向などを丁寧に聞き、複数のサービスや解決方法などの提案をします。
?ご利用者が選択したサービスの利用ができるよう、事業所と連絡を取り合い、サービスの組み立てをします。
?ケアプラン原案を作成し、サービス担当者会議の開催により、ケアプランを完成させます。
?毎月ご利用者宅に伺い、サービスの実施状況や満足度の確認、生活状況や身体状況の変化の有無の確認等を行います(モニタリング)。

《その他》
・要介護認定更新・区分変更申請手続き
・認定調査

《よくある質問》
Q.いくつまで働けるの?
A.正社員としては61歳の誕生日まで、となっていますが、それ以降は1年ごとに契約を更新する”契約社員”や曜日や時間を自由に設定できる”非常勤”という働き方ができます。
今やさしい手では、20代から70代までのケアマネジャーが270名活躍しています。

Q.土日や夜間も呼び出されるの?
A.事業所で一台、緊急連絡用の携帯電話を用意しています。緊急電話は事業所内で職員が1週間ずつ持ち回りで担当します。土日や夜間の電話自体ほとんどなく、担当ケアマネジャーが呼び出されるということは年に1回あるかどうかです。
また、やさしい手新柏居宅介護支援事業所は、サービス付高齢者向け住宅に併設のため、訪問介護スタッフが365日24時間常駐していますので、緊急時の対応もサポートしてもらう事が出来ます。

Q.土日は休めるの?
A.変形労働制を採っており、基本的には自分で自分の勤務スケジュールを決められます。
ただご利用者の都合(家族の同席が土日でないと難しい等)で、月に1〜2回土日に出勤をすることが、ケアマネジャーによってはあります。この場合代休を取れますので、休日が減ることはありません。
有給休暇取得前に平日の休みを取りたいこともあるかと思いますが、このような仕組みなので、お給料が減ることなく、安心して休んでいただくことが出来ます。

事業所見学も大歓迎です。
どうぞお気軽にお越しください!!
職員全員でお待ちしております。

応募資格 介護支援専門員の資格をお持ちの方
給与

月給237,000円

勤務地 栃木県 > 小山市

7件 1〜7件目を表示

1 / 1 ページ